2011年10月24日月曜日

東京都制覇

昨日は秋季最終節を最高の結果で終えることが出来て、また、それをOBの方々や応援に来てくださった方々にも見ていただくことが出来て本当に良かったです。応援ありがとうございました。


私は1日たった今でも嬉しくて嬉しくてそわそわしてます。まだテンション上がっちゃててうまく文章に出来る自信がありません。こんな私が秋季最終節後初の記念すべきフィーリングスを書いちゃっていいんでしょうか?笑

試合終了のホイッスルが鳴ったとき、夢が、目標が叶っていく瞬間ってこういう感じなんだ、って思いました。
わたしは記録員だったので、本部にいたみなみちゃんとえりちゃんともちろん喜びつつ、歓声にわくベンチと応援席を見てました。喜びにも涙したけど、みんなのその姿にも涙しました。

去年の最終節が終わって森元組になって、雨の中、雪の中での毎日の練習、地震があった春合宿、ナイターが使えず朝練しか出来なかった前期、暑かった夏合宿…もちろんそれ以前の積み重なる努力も含め、頑張った分、その結果がついてきたんだなって思いました。
小中高と通った塾のスローガンが「努力は君を裏切らない」だったけど、8年間を通してよりも、今回の方がリアルに実感出来ました。

23年?ぶりの快挙だそうで、その瞬間にア式の部員として立ち会えたこと、関東昇格をかけて一緒に戦えること、本当に嬉しくて嬉しくてしょうがないです。

入れ替え戦出場が決定すると同時に4年生と部活が出来る時間が増えたことも、また嬉しいです。
もしも昨日4年生が引退になってしまっていたら、心の準備が出来ていなくてポカンってなるところでした…
人よりは短いけど、短いからこそ、私にとって1つ上の先輩の存在は大きいです。まだまだ先輩方がプレーするところを見たいし、吸収出来るものは吸収して受け継いでいかなければなりません。


次は入れ替え戦ですね!
昨日帝京側の記録員の人が試合終了後に「おめでとうございます。頑張ってください。」って声をかけてくれました。
私たちが喜びに沸いた昨日の一戦は、相手チームにとっては悔しくてやりきれない一戦だということ、去年私たちがそうだったように次に進む三枠に入れずに悔し涙をのんだチームが同時にいるということを強く感じさせられました。そのチームにはア式と同じように、ピッチにたったメンバーだけでなく、応援席の選手や応援してくださるOBの方々、私たちのようなスタッフもいるはずです。その分も本当に頑張ろうって思いました。

マネージャーとして出来ることは微量かもしれないけど少しでも力になりたい。
全力でサポート頑張ります!


投稿遅れてごめんなさい。
3年MG  堀 めぐみ

0 件のコメント:

コメントを投稿