2011年12月18日日曜日

今夜はなんか眠りたくない

こんばんは。 朝書いてたfeelingsあったんですが段落わけできなかったり内容がしょうもなかったりで、二回更新して二回消しました。 もう今日は勢いに任せます。 今シーズン最後の試合。 いいモチベーションで入ったし、アップだってしっかりした。 それであのゲーム。 なんで?って気持ちが消えない。 正直わかんない。 正直そんなに悪かったとは思わない。 けど悪かったとしか言いようがない。 ビデオ見て考えようと思う。 けどチームのよくなかったといくつか思ったこと。 ゴール前での弱さ。 粘れない。 自分としてはいいディフェンスが出来たってプレーはいつもより多かった。 けど前半ゴール前のこぼれ球のシュートにプレスが一歩遅れたために股を抜かれてゴール許したり、後半立ち上がり早々に、クロスでつくべきマーカーを見失ったり、こうゆうところで差が多く出てる。 あと準備の悪さ。 これはディフェンスに多かったと思うんだけど、スライド怠ったり、センターのカバーが甘かったり、スローイン一発で縦走られてクロスまであげられたり。 もっと先に読んで動いていればっていうシーンが多くあったように思える。 これはあくまでパッと感じたことです。 自分の持ち味は体力だって思ってる。 高校でだって、チームがきつい時間でも走れるプレーヤーだった。 土浦一高サッカー部の後輩からの色紙をパッとみたらそんなこといっぱい書いてあった。 それが今の自分考えると情けなくなる。 きつい時間に走れない選手になってたらなんも取り柄のない選手。 そう思ってる。 ハードワーク。 たったの6文字だけど、俺のサッカー人生のポイントになる重要な要素。 けどたぶん今の自分のプレーにはそんな言葉は似つかない。 苦しい時間にオーバーラップできる、そしてボールを失ったらゴール前まで全力で戻る。 それだけじゃないけど、まず俺はそれを当たり前にこなせるSBになる。 誰よりも走る心。 シーズンの目標としたこの言葉は決して中途半端な気持ちで書いたわけじゃない。 来シーズン、少しでも理想の自分に近づけているように、このオフはただのオフにはしたくない。 金曜の納会のエールで恋愛のスタイル話した勢いで名前いうの忘れた 一年 三反畑修

0 件のコメント:

コメントを投稿