2011年5月29日日曜日

仲間

こんばんわ
ようやく大学2年生の暮らしにも慣れてきました
毎年、4月から5月にかけては生活の変化に体が追いつかないことが多くて大変です
もっと器用に生きられる人間になりたいです

また変化といえば、
ア式も沢山の1年生がはいってくれたことでだいぶ変わったような気がします
今年の1年生はすごく面白いですね
少し話しただけですが、なんとなく彼らがおもしろいのだろうことは感じられました
これからの彼らに期待です

人数も一気に増えました
私は残念ながら人の顔を覚えるのが得意ではないためとても苦労しています
でもHPにみんなの顔写真がのったみたいなので、頑張って覚えたいと思います

新しいスタッフもはいってくれました
どんなときも仲間が増えるのはうれしいです

高校生までの私は、選手として新しい仲間を迎えていました
その時は、新しく入ってくる子は仲間であり、それと同時にライバルでもありました
私は負けるのがすごく嫌で、また後輩にたいしては、先輩のプライドもあってなのか
後輩ができてからより一層練習を頑張っていました
身近に切磋琢磨しあえる仲間は多ければ多いほど
自分の力をのばし、さらに高見を目指す原動力になると私は思います

最後に、先輩としてこれからもがんばります!!

2年MG 遠藤 有香

2011年5月28日土曜日

たどり着いた場所。

どうも、一年生の三反畑修(さんだんばたおさむ)です。
何を書きましょうか…。
初めてですし、好き放題書かせていただきます。
まぁ、feelingsですからね。

自分は一年間、某S台予備校で浪人した末に、東京大学に入学しました。
その一年間、というより、高校時代から「自分のサッカー人生は高校で終わり。」そう当たり前のように考えていました。
しかし気がつけば今日も、自分のサッカー人生のフィナーレのお供にしよう、と高校三年のときに買ったスパイク、DS-Lightてくにこ を履いて走り回ってるわけです。

浪人の一年で感じたこと、本当にたくさんありました。自分と向き合う時間が、本当にたくさんありました。
そんな中で、本気で何かに打ち込んでいることに、一種の幸せ?を感じたわけです。
大学でもそうありたいと思うようになり、何をしようかと考えました。
正直、学業だけに本気になれるような力は浪人で使い果たしたようで、
そう考えると…やっぱりサッカーにたどり着いたんですよね。
というか、他に思いつかないんです。
中高と本気でサッカーをやってきて、その時間が今でも幸せな時間だったって言えるからなんですかね。

まとまらないですが、こんな感じでア式蹴球部にたどり着いたわけです。


だけど課題は山積みなわけで…

今日の練習試合で強く感じたことを一つ。
自分のプレーに意図が薄い。徹底的に。
だから先輩から言われたことに頷くことしかできない。
考えてるつもりでも、全然足りてない。
もっとピッチ全体を見て、意図を持ったプレーをもっと心がけていかなきゃ。
もちろん先輩とでも言い合えるように自分の考えを持って自信を持ってプレーしていかなきゃならない。

一日一日、成長して、チームに貢献できる様に。
そして、ア式の代表として、ピッチに立つことを目指して。

長々と駄文を失礼いたしました。
明日も試合がんばります!

毎日をア式の一員としての自覚をもって。
一年 DF 三反畑修

NO FOOTBALL, NO LIFE!!

どう頑張ってもなぜかパソコンからログインできなくてiPhoneからの投稿。



前回書いたのがいつか覚えてないけど、まだ3回目くらいのfeelings。feelingsに関してはまだまだルーキーだと思います。

最近自分の強み(サッカーを除いた)が何か考えた。が、特に何もなかった。先日プロフィールを更新した時も趣味の欄のところでは困った。読書も映画も音楽もスポーツ観戦もサイクリングも趣味に有りがちなやつはだいたいそれなりに好き。でも、堂々と趣味はこれです、とも言えない。どれも中途半端だから。言ってみたらどれもまだまだルーキーです。だから、苦し紛れに趣味はサッカーです、などと答える。サッカーに関しては途中他のスポーツに浮気もしたが、15年以上もやってるのでベテランと言える。結局自分が堂々と誇れるのはサッカーの経験年数くらいなのかなと思った。幸いにもサッカーには飽きがないので、せめて自分のプレーを誇れるくらいには上手くなりたい。サッカーにはプライドを持ちたい。


もうひとつ戯言のようなことを申し上げると、やっぱり「である」より「すること」が大事だと思います。俺は完全に東大生「である」ことに甘んじて、らしいことは何もしてないから駄目なパターン。一年生は気をつけて下さい。ア式向けに言うと、関東「である」ことよりも、関東でプレー「すること」をはっきりと目指すことで強いチームに、関東でも負けないにチームになるんじゃないでしょうか。当たり前のようでいてわりと大事なことだと思ってます。


ア式の人たちはサッカー以外は捨てる勢いでサッカーに懸けている。NO FOOTBALL, NO LIFE.そんなところにたくさんの新入部員が入ってやっぱりサッカーってすごいなと感じた。華なんてなくたっていい。そこにサッカーがあるなら( ̄ー ̄)


二年 FW 賀茂駿介

2011年5月27日金曜日

頑張らなくちゃ

入部からもうすぐ2ヶ月。もう随分大学生活にも慣れてきました。
慣れたことで変な精神的疲労はなくなりましたが、心の余裕ができた分、色々と考えることも多い今日この頃です。色々とはいえ上手くいかない自分のプレーのことを考えてばかりなのですが・・・。一番情けないのは走れないこと。一度ゆっくり部室でビデオを見たとき自分のプレーの酷さに愕然としました。一緒にでてた皆さん本当にごめんなさい。走るって大事なことだって改めて実感しました。
またそれをみてからしばらくの間は自分がプレーをするたびにフラストレーションがたまってイライラしてしまい、さらに悪いプレーが続いてしまったのがもっとおおきな反省点。

浪人して1年半全く動かなかったせいで、今の自分の体は前みたいにはいかないわけだし、元々全然上手い選手じゃないんだから、謙虚に練習に向かって1から一つ一つ積み上げていこうと今は思っています。学業も忙しいけど、その中でどれだけ上手く時間を捻出するか、その時間をどれだけ実のあるものにできるか工夫したいと思います。
それでかならず、秋季のピッチにたってチームの駒になる。これを自分への至上命題としていい意味で自分にプレッシャーかけてやっていきます。

こんなカチカチなのもどうかと思ったけど、ここで決意表明しておけば逃げられなくなるしいいかなと思ってこんな感じで終わります。

よし、明日の練習試合頑張ろう!

1年 榊原 和洋

2011年5月26日木曜日

No iPad, No Life.

標記は前回を踏襲してみた。
まぁ実際iPadがなくてもやっていけることは間違いないが、あったほうがよりスマート、より便利だという点において。
題名を見ただけで本文を読まない人も多くいらっしゃるかと思うが。
とりあえずiPad2、発売当日、渋谷AppleStoreにて並んで購入。
使い心地は抜群。
時間ももう遅く、前回に引き続き投稿が遅れるというわけにもいかないので、アプリなどのレビューは次回のfeelingsにとっておこうかと思う。
乞うご期待。

かわりに、自分のレビューの大元になっているソースを今回は少し列挙すると、

1. AppBank - http://www.appbank.net/
2. GIGAZINE - http://gigazine.net/
3. GIZMODE - http://www.gizmodo.jp/
4. TechCrunch - http://jp.techcrunch.com/
5. 気になる、記になる... - http://taisyo.seesaa.net/
6. lifehacker - http://www.lifehacker.jp/
7. Google Mania - http://google-mania.net/
8. Macの手書き説明書 - http://veadardiary.blog29.fc2.com/
9. MOONGIFT - http://www.moongift.jp/

こんな感じである。
どれもRSSを購読しており、毎日のように記事を読んでは新しいことを発見している。
と、

----
ここまで書いて寝落ち...orz
----

てわけでおはようございます。
最近朝練っていいなって思う。
まぁ、授業とかぶったりするのは...と思うが、6:45開始なら一限も出れるし、夕方以降は自分の好きなように時間も使えて、なんだかいろんなことができる気がする。
ただ、旬悦に行く機会が減ってしまうのは寂しいが。
これからナイターが使えるようになっても、6:45開始でいいんじゃないかと思ったり。

そんな雑感はさておき、先日なんと膝の怪我をした。そのとき「くぁwせdrftgyふじこlp」って音が聞こえて、正直引退コースが脳裏に過った。おそるおそる診てもらうと、脂肪体炎とかいう軽症で、怪我をしたのに少しだけうれしくなったw
これが不幸中の幸いというやつだろう。

で、リハビリだとA・B両方の練習をみることになっていろいろ感じることが増えた。
技術的な差はやはり大きいなと思うが、それ以上に意識面での差が大きい気がした。
練習の最後のゲーム中、指示の声、連携を確認の声、ミスを叱責する声、A練では常に飛び交っているのに対してB練はやや大人しい。
アプローチのスピード、距離やスライドのスピードに関しても、もっと意識するだけで速くなるのではと思ったりする。スピードというより、タイミングというところかもしれないが。
そういう自分もまだまだだし、一番上の選手も、自分の中ではもっと速く、強くと思っているだろう。

秋季までは時間があるようでない。
春季、京大戦、合宿。これらが終わったらすぐに秋季開幕だ。

一つ一つのパス、トラップ、シュートを大事にして成長し続けたい。

-----

そういえば、嬉しいことが少しありました。
みんなの個人ページを見ていると、東海3県+静岡出身者が意外にも自分含め9人もいたこと!特に誠也なんかはずっと灘としか思ってなかったところからの発見で、度肝を抜かれました。

【愛知県】川瀬/森田/今泉/山崎/末吉/増田
【三重県】釼持
【岐阜県】堀
【静岡県】関野

そしてなんと我らがア式蹴球部監督、健一さんも、愛知県出身!ってことで、近々健一さんプロデュースの中部会?東海三件+静岡会?なるものが開催されることを期待したいと思います!


3年 FW 川瀬

2011年5月25日水曜日

ジャージ万能説

タイトルは最近自分が一番feelしていることです。
気づけばもう自分の番。早いです。
こんにちは、駄文を書くことに定評のある4年の野中です。
毎回何書くか悩んで結局内容のないfeelingsになるんですが、そんなfeelingsも数えてみるとあと4回くらいで終わりです。「引退」の2文字がだいぶ迫ってきた気がします。残る公式戦も春季と秋季のみ。
一日一日を大切にしていきたいです。



さすがにこれで終わるのもあれなので…

思ってることいろいろ。
まずは自分のキャパオーバー寸前の生活が4月から続いています。
起床→朝練→研究室~22:00→総務→就寝@総務部屋
週2泊は学校、週3でジャージで生活してます。
研究室の助教の人にいろいろ突っ込まれる毎日です。
毎日の実験でしてることは、マウスの脳からDNAをとるってことなんですけど、
実際にやっていることは薬品混ぜて、機械のスイッチ押すだけです。
それでも一日研究室こもってると頭がおかしくなってきます。
もしサッカーやってなかったら今頃、タイあたりに自分探しに行っていたんじゃないかと思います。笑

(中略)

先日の国公立のこと。
あの天候の中、応援までしてもらったのに、
負けてすごく悔しかったし、何もできなかった自分が情けなかった。
審判が~とか、グランドが良ければ~とかいろいろ思うことはあるけれど、
うちも相手も同じ条件で試合していた。ベンチに退いて外から見て特に顕著だったのは、
あのコンディションの中でボールをしっかり蹴れているか、という点。
相手のほうが明らかにその点では上回っていたと思う。自陣でプレーする時間が多くなってしまったのは、そういった部分で差があったからだと思う。
負けた試合から学ばなければ、次は勝てないと思うし、反省点を改善して次の試合に臨めるようにしたい。自分の不足している点を見つけて、修正していかなければいけないと思う。
土日の練習試合、ピッチに立てる時間が短いなら、アップ前の時間などをもっと有意義に使うべきなんじゃないかなと思う。まだなんとなく試合を見てしまっている人が多い気がする。
グランドを使える時間は短いんだから、そういう時間を大事にしてほしい。
練習も人数が多くて、一人ひとりを見てもらえる時間は少なくなってしまう。
それでもお互いに厳しく言い合って、いい雰囲気で練習をできるようにしないと、
いつまでたっても日曜の国公立のような悔しい負け方をすることになると思う。

なんかまとまりが無くなってきてしまいました。
あとはいろいろな宣伝を。
http://www.undou-kai.com/

http://www.undou-kai.com/sportia/

リンクのHPだいぶふるいデザインですが、近々全面リニューアル予定です。
(そのせいで忙しいってのもあるのですが…)
運動会ってなに?ってのことと、寮があるよ。ってことは部員の人には最低限知っておいてもらいたいです、総務部的に…
ってことで暇なときでいいので見てください。
よろしくお願いします。

ついに光永にもモノマネされるようになりました。
4年MF 野中尚輝

2011年5月23日月曜日

さむい

今日もおつかれさまでした。
5月下旬とは思えない寒さでした。なにこれ。

さいきん。
なんだか石川きゃぱおーばーしそうです。
去年どれだけみぽりんや先輩方に守られていたのか、
痛いほど分かるのです。つらい(^-^)!

思うところはいろいろあるけれど、
済んだことを悔やんで今できない、
先のこと心配して今できない、
んじゃなくて
明るく、積極的に、前向きに、
今できることに全力を尽くしたいのです。
残り半年あるかないかの短い期間に
今しかできないこのア式生活に全力を尽くさなきゃ。
後悔したくないし。

4年生になって、
授業少なくなったはずなのに朝練早退しちゃったり、
なんかどっか抜けてたり、
いろいろとカスな要素はいっぱいあって、
見放されてもおかしくないけれど、
それでもよくしてくれる同期やかわいい後輩には感謝してて
そんな人たちのためにもしっかりしなきゃな最後くらい。

そうそう新入生がたくさん入りました。
わたしはお名前を覚えるのに必死です。
去年みぽりんが覚えられないと嘆いていて理解できなかったけど、
おばさま現象ですねきっと。
がんばります。
ちなみにみぽりんさんってゆうのは卒業生です。
そんなみぽりんさんと来月は3回くらい会います。わくわくo(^-^)o
今から考えるだけで元気出ます。
いまでもこんなになかよしです。

そんなことより!
佐藤さんがfeelings書きたいって言ってたから
書いてくれると思ってたのに(^-^)笑

おやすみなさい!

4年MG 石川蘭

2011年5月21日土曜日

驚きの毎日

三重県からやってきてもう二ヶ月が経とうとしてます
東京にやってきて電車と人の多さに驚きました
3分毎に電車が来るのになんで毎回、満員電車なんだろーと不思議に思います

田舎者の話は、これぐらいにしてサッカーの話に移ろうかと
今、こんなに整った環境でサッカーができてとても楽しいです
プレーに関して言えば、まだまだ足りないものが多いですけど今出来ることを精一杯やっていきたいです

今日練習試合終わってから講習会があったんですけど御殿下の下?にあんなに広いスペースがあったとは、知らなかったのでびっくりしました
何か東京に来て驚いてばっかりですけど日々新しい発見があるのは楽しいですね

国語力の乏しい自分が書いたので至らない点があると思いますのでご了承ください
あと誰かスペイン語を話せる人は、僕と話しましょう
buenas noches y tenga a buena semana
1年 DF釼持

2011年5月20日金曜日

1か月

ぼくが最初に練習参加してから約1か月がたちました

高校のころとはレベルも環境も違って、とても新鮮であっという間でした
大半が高校で部活動としてのサッカーを引退する中で大学でも部でサッカーを出来る喜びをかみしめながらプレーしています
練習でも試合でもミスしてばかりでいいとこないですが、サッカーを楽しんでやれてます
とりあえず練習試合ではやく点とりたいなーって思ってます

ということで毎週末の練習試合は楽しみなんですが、一方で毎週末FC東京の試合結果を見る瞬間が怖くてたまりません
無敗優勝いけるっしょ、とか思ってたころが懐かしいです
J2では断トツの戦力があっても勝てるとは限らない、というところがサッカーの魅力でもあるんだなーと思っちゃったりしています

とりあえず試合で自分が点を取って、勝って気持ちよく部室にもどって、さらにJ2の試合結果をみて更に気持ちよくなれるような週末を過ごせたらいいな、と思ってます


1年 日下 暢之

思考実験

どうもこんばんわ。3年の入松川です。
最近1年生がふえてグランドが賑やかになりましたね。1年生いっぱいいてまだ全員と話したことない気がするので、この場をかりて自己紹介します。
学部•学科はシステム創成のBコースというところでみんなからはゆとりの学科だとかいわれていますが、言うほどでもありません。
今日なんて3、4限連続の授業が45分くらいで終了しました。また、先週のある授業のガイダンスでは先生が一通り自己紹介をしたあと「はっきりいってこの授業グズグズです!」と声を大にしておっしゃっていました。
マイブームはプリンです。バイトの後に食べるプリンはサイコーです。いまのところフツーにプッチンプリンが一番好きです。それだけです。

ちょっと量をかせごうとして思いついた自己紹介でしたがニーズがないだろうことに気づいたのでやめます。

サッカーについて最近考えてる事は、
例えばメッシが東大にきたら東大はどんだけ強くなるだろうか?
あと似たようなことで、例えばJTがバルセロナでFWやってもやっぱある程度バルサは強いのだろうか?
というような事です。
単純に考えると、メッシが東大にきたらそれこそ全部メッシにパスしてドリブルさせれば所詮大学レベルのDFなんかみんなおきざりにで点取りまくって関東1部で優勝くらいはいけるんじゃねと考えられる。
いやいや、メッシがあんなに凄いのは周りもすごいからで俺たちなんかがまわりにいても本来のメッシの力の2割も出せなくて思ったほどチームとしては強くならないんじゃね?とも考えられる。
いやいやいやいや、メッシだよ。あのメッシだよ?2割も力を発揮してくれればかなり強くなるにきまってるでしょ。しかも、メッシのおかげでおれらが250%の力を発揮できるっしょとも考えられる。
思考がぐるぐる ぐるぐるした。もちろん答えは出しようがない。
JTがバルサにいった場合の考察はふつうに割愛しよう。
ただ、メッシが東大に来ないことは確実。それは分かった。

要するにサッカーには一人がチームに及ぼす影響があって、チームが一人に及ぼす影響がある。ってことなのかなとか思ったけれど、それで?って感じもする。当たり前すぎるし。これが片山のいう葛藤か。

そして去年ワールドカップでスペインが優勝したときにシャビが「僕たちはチームがひとつの個なんだ。」的なこと言ってたことをなんとなく思い出した。選手が個で、その集まり(集まる事による影響も含めて)がチームなんだとしか考えた事がなかった僕は新鮮な気持ちになった。だったら一人の選手は何?とも思ったが、漠然と納得してそんなチームになれたらと魅力も感じた。

まあ最終的なまとめとか主張とかはないんですけど、これだけははっきりといいます。
投稿おくれてすいませんでした。

3年 入松川









2011年5月19日木曜日

葛藤

いつか俺も部メ―リスでおばちゃんと呼ばれる日が来るかもしれないですね(戦々恐々)

短髪こそ正義。片山です。

先日の森元主将との他愛もない会話を思い出しました。

「パチンコやるかやらないかの弁証法的過程を経て人は成長する云々」
「その葛藤って必要ですか?(笑)」
「まあ必要と取るか取らないかは個人の勝手だけどね(笑)」

もりさんがパチンコに関してどんなジンテーゼに達したのかは知りませんが、この会話を思い出して考えるところがありました。

心の葛藤と平穏について。

あれやこれやと悩むこと と そんな悩みもなく穏やかでいること

どっちかって聞かれたらやっぱり“平穏”の方がいいと思います。

で、その心の平穏には2種類あります。
思考停止による平穏と、葛藤を経た平穏。

海を漂うノトーリアス・B・I・Gとか、宇宙を漂うカーズに、もはや悩みなどあるとは思えません。
でもこれって、「考えるのをやめ」ているだけです。

誰しも生きていれば、いろんな事を考え、悩むはずです。
生きるためには考え続けなくちゃいけない。明日の天気のことから、風呂の栓のサイズまでね。そうだろ?
(葛藤ってつらく苦しいものだけど、それを乗り越えたときに一回り成長できるんだと思います。
最近の自分も殻を破ろうとしてないなって思ったので、今週の日曜日には【以下検閲によって削除されました】)

それで、その葛藤の後に、何らかの答えを選ぶことで初めて、本当の心の平穏が得られるんだと思います。覚悟っていう言葉で言い換えてもいいと思います。

他人から見たら辛く苦しい道でも、本人にとってそれが覚悟のもとの選択であるなら、実はその苦しみなんて、些細なものかもしれません。

さて、ア式でサッカーするうえで、その目標ってなんでしょうか。人それぞれあると思います。「プロサッカー選手になる」っていう目標を掲げて達成しちゃう人もいるぐらいです。
でもこれだけは少なくとも、みんなが心の中で共有している目標のはずです。



今年、関東に昇格する。



この目標を達成するために、なにを、どれだけ、どういう風にやるのか、僕にはまだまだ葛藤する余地があります。
秋季の前、やるだけやったと思える「心の平穏」のために。


まずはうっかり者の自覚から
2年MF 片山

2/3

シーズンインしてから3カ月が経つのか。
あと3カ月したら秋季開幕か。
そしてもう3カ月経ったらシーズンは終わっているのか。
ということはシーズンの1/3が終わったっていうことか。残りは2/3

大臣杯負けた直後はもうすぐに秋季が始まってしまう、このままではまずい、時間がないぞ、と焦燥に駆られていたけど、なんか今こうやってちょっと冷静に考えてみることで、この2/3の捉え方が変わったように思う。

具体的に今までの1/3でやってきたことを思い返したら、選手個人の小目標だとかその日その日の練習テーマだとか小さな(?)ことは達成してきたかもしれないけど、あまりたいしたことはやってきていないのではないかと思ってしまう。
だからこそ今シーズン初めての公式戦だった大臣杯はどれだけできるのかものすごく不安だった。
練習試合でこそ例年より勝っていた印象が強かったけど、それも試合の相手が強くなかったからではないかとか思ったりもした。
4年になって、副将という立場に立って、チームの運営を進めていく中でもこれでいいのかと思うことは多々あった。
震災の影響でナイターが使えず、今までの3年間とは違った環境でサッカーをしなければならなかったこともこの不安に拍車をかけたのではないかと思う。

でも、そうした中でも力を尽くしてきたということが自分の中での大きな自信となっているのかもしれない。
なぜなら、あと2/3という時間が思っていたよりも長く感じられるからであり、まだまだこのチームは成長できるという感触をしっかりと掴んでいるから。
そして、なによりも自分自身が成長できるという気がしてならないから。

先週1週間は怪我でリハビリをしていたが、そういう状況でも少しばかりの焦りを感じながらも、今は自分の体を見つめなおし、弱いところを鍛える良い機会だと思えるようになっていた。

要はその場その場の状況で全力を尽くすことがベストなんだと思う。

今シーズン始まる前に「相対的に頑張ってはいる印象を受ける。」と言われたことがあり、その時にはマジで悔しかったし、じゃあ何をすればいいのかと考えたりもしたけど、結局は全力を尽くすことで相対的な何かから抜け出せるのではないかと思うに至る。

何が言いたいのかさっぱりになってしまったけど、あと2/3でやることはいっぱいあるんだという焦りを持ちながらも、関東へ昇格するという確固とした自信を持ってモチベーション高く進んでいきましょう。

最後ひどいな。
投稿遅れてすいません。

4年 道喜開視

2011年5月15日日曜日

イクシード、その時見える景色

 お疲れ様です。
 前回Feelingsを書いてからの2ヶ月、朝練になったり新入生が入ったりと色々環境が変わりました。朝練だと部室に帰ってくるのが11時半くらいで、それから片付けや次の日の準備をやっていると12時すぎくらいになります。それくらいの時間になるともう部室を出て駒場へ行くのが面倒になってしまいます。こんな感じで最近部室に入り浸りすぎなので、こうやってだらだらするのやめようって決めました(5月5日チャンミナ家の誓い)。2秒で切り替えられるようになります。

 仕事の方ですが。最近壁にぶちあたってるような気がします。すべきことはあって、やるにはやっているけれど、「できている」感じがしません。動いてはいるけど目先のことに囚われすぎて全体像が見えていないというか。あっち行ったりこっち行ったりして、全部がばらばらで、つながってない。自分の行動の基準となる軸がない。「考える」時間が足りないのだと思います。だから余裕がない。もう2年生で、先輩になるんだし、いっぱいいっぱいの状態を抜け出さなきゃいけない。キャパシティを拡げて、余裕を持たねばならないのです。仕事内容云々だけじゃなくて、そういう面も向上させられるようにしたいですね。

 では今週もがんばりましょう。ごきげんよう。

“狂人日記(クレイジークロックワーク)” 2年AT 山崎 華奈子

いろいろ頑張ります

投稿遅れてすみません。
自分の気持ちを言葉にするのは苦手なんですが、頑張ります。

僕は入学前からア式に入ろうという思いはなかったのですが、初めて練習に参加した時に、ちゃんとボールを蹴る感触を味わい、やっぱりサッカーやりたいなあと思いました。
そして、意識の高い先輩方に刺激されながら必死でやるのが何より楽しいと感じました。


自分はまだまだ基礎的な技術や体力、筋力もなく、個人として達成しなければならない目標がたくさんありますが、その分向上心を持って打ち込めることがうれしいです。

とりあえずこの夏学期では遅刻しないようにしたいです。

1年 MF  菅

2011年5月14日土曜日

約半年ぶりのサッカーは・・・

 めちゃくちゃ楽しいっすね。ボールに触るのが久しぶりな分、ドリブルの感覚とかボールタッチとかほとんどのものがアレになってしまっていましたが、とりあえずまた一番下の部分から積み上げていきたいっすね。
 と、楽しんでますが正直ヤバいですね。45分走りきれないし、一年生がたくさん入部してくれたのでAに入るのはおろかA'入りも危うい感じ、非常に焦るよね・・・


 っていう感じの復帰したてで最近サッカー楽しいけど、ついてくので精一杯ですというまぁ何の面白みもないよくありがちな報告的feelingsになるかなぁと思っていたのに・・・・なにしてんでしょうかね、いやほんとに。後十字の次はアキレス腱だそうですよ。結果まだ今年入ってからトータル1ヶ月もサッカーしてないっていうね。オフ期間中に帰省ついでに蹴鞠の守護神とされる神様が祀ってある京都の白峯神宮にも参詣して、活躍と怪我しないことをお祈りしてきたのになぁ。あ、ちなみに独りでですよ、悲しいかな。
 まぁ愚痴ってもしょうがないし、焦りを通り越して少し諦めが混じりそうになったのも事実、でも腐って立ち止まってもいいことないし、実際今回は大分軽い気がしてるんで、リハビリからまたゆっくり歩み始めていきたいと思います。

 あー、本当は疲れからか今週2回も寝坊して自分の中で朝練の遅刻フラグが立ってるんだよねとか、大樹がまた失恋しそうらしいとか織り交ぜて書こうと思ってたんですが、なにぶん文章力がなく、結局面白くない感じのテイストで。

2年 D○ じゃなくて MF 片桐

2011年5月11日水曜日

恋愛におけるエゴの衝突に関する考察

まずはじめにことわっておく、今日のおれのFEELINGSは一味もふた味も違うZE

まあ嘘です。
実は、直近の自分のフィーリングス二回分ほど読み直してみたのですが、
全く味気のない鼻くそフィーリングだったのでそれよりは良いものを書こうと実はなんと一週間前から書き始めております。


ここまで書いて気付けば今日です。非常に焦っています。

総理大臣杯三回戦で負けました。

可能なのであれば嘘であってほしいですが残念ながら事実です。
自分は試合には出ましたがなにかチームの役に立てたかといったら特に見つかりません。
これも嘘であってほしいですが、がっちり受け止めます。


もっとゲームを作れるサイドバックになりたいです
もっと得点に絡めるサイドバックになりたいです
もっと鉄壁なサイドバックになりたいです
もっと、もっと、もっと…


ってくらいストイックにならなきゃいけないなと最近思います。
負けた後、母からこんなメールが届きました。
「四年生とやれる時間はもう限られているんだから悔いのないように」
このおばさんもときどきだけど良いこというな、という息子の感心は置いときましょう。

このメンバーでサッカーをやれるのもあと半年です、日々の練習を無駄にしないようにみんなで意識を高く持ちましょう。もう負けるのは懲り懲りです
国公立優勝、春季優勝?、京大戦全勝これ全部引っ提げて秋季突入できるように


あー読み返せば結局クソ文章、いいじゃないか人間だもの

三年
将来の日本を担う
偉大なる夢~アイアムアドリーマー 石井 


2011年5月10日火曜日

ア式蹴球部のガラパゴス化について

どうも。4年の鈴木です。

とりあえず4年らしいことを書きたいんで1年生に苦言でも呈そうかなと思います。

まぁーーーーーーーー遅刻多いよね。

人数多かったり朝練だったりで大変だとは思うけど、さすがに多いっしょ。
三浦さんが偉そうに怒ったりすんのも分かるよ。
とはいえ偉そうに怒ってるわりに三浦さんも昔遅刻したことあるんだよね。
でも三浦さんは遅刻したことめっちゃ反省してたし、それなりの態度で示したわけよ。
具体的には坊主にしたこと。それ以来彼はずっと坊主なんだ。偉いでしょ?

何が言いたいかっていうと失敗は誰にでもあるからそのあとどうするかが
大事だと思うんだってことです。別に坊主にしろって言ってるんじゃなくて、部に迷惑かけたなら
それを少しずつ挽回していけばいいさってこと。
罰金と罰掃除っていうシステムはあるけどそれ以外でも出来ることは色々ある訳で。
今パッとは思いつかないけどたぶん色々あるよ。
そういう意味では1年が責任感じて皆で走ったっていうのは良い事だと思う。
口で反省してるっていうだけじゃなく行動で示すのは大事。
あとはみんなで再発防止に努めてください。

そろそろすずこうウザって有山に言われそうなんでここらへんで話を変えます。

最近常々思うんですけどア式って特殊な環境ですよね。

始発で学校来てサッカーしたり

風呂入りながら1時間くらいくっちゃべってたり

彼女持ち率が1割切ってたり

意味のない流行語をやたらと繰り返したり

簡単なことでも難しい言葉で言おうとしたり

大声で手を叩きながら笑ったり

ライトウイングが流行ったり

いただきますの前にワンステップ挟んだり

大阪のおばちゃんがいたり

早速チャドゥリってあだ名を付けられた奴もいたり

もうほんと嫌でしたよ~~

うそです。全然嫌じゃないです。

このように一つの生態系が外界と隔てられる中で
独自の進化を遂げることをガラパゴス化と言います。
(簡単なことでも難しい言葉で言いたがる)


なんでここは本当に居心地が良いんですがその分環境に甘えてしまっている面も多々あると思います。
例えば、自分は今の立ち位置に完全に甘んじています。
Bチームにいても1年生の面倒とか見てればチームに貢献してることになるっしょ、みたいなことを考えてしまう自分がいます。
もちろんどういう形であれチームに貢献することは大事だと思うのですが、向上心を持たないってのは違うと思うんですよね。
今より上に行きたいっていう気持ちを全員が持ってないと絶対に強い集団にはなれないと思うし、常にそういう気持ちを持ってないと1日1日を無駄にしてしまう。
そういうギラギラっていうか厳しさっていうかハングリーさっていうのがもっとあっても良いんじゃないかと思うわけです。
というわけで今一度全員が関東昇格を、そして関東でプレーしている自分をイメージしてギラギラしていきましょう。自戒の意味も込めて・・・

4年DF(ドゥれない方の)鈴木

2011年5月9日月曜日

3ヶ月くらいマイブームはチャンジャです。

この前しばらくFEELINGS書かなくていいねo(^-^)oやったあo(^-^)oみたいなことを書いたばかりな気がするのですが…\
なんでもう順番回ってきてるんでしょうか?


新歓おつかれさまでした。
個人的に大きいのは、スタッフがたくさん入ってくれました。
頼もしい限りです。
ようこそア式へo(^-^)o

色々と口うるさいこと言ってますが、みんなが嫌いで厳しいこと言ってるわけじゃないです。

怒るとか注意するとかって実はすごく体力を使うんです。
期待できない人には怒りません。
そんな無駄な体力使いません。

一緒にがんばろうね。




そして高校の後輩が3人も入ってくれました。
もうかわいくて仕方ないです。
そんな後輩が今日気が利きますね(にやり)って言ってきました。
馬鹿にされてます。生意気です。でもかわいいです。
そして嬉しかったです。


しかしからかいではなくほんとうに気が利く人になりたいです。ね。

私が1年生のときの3年生って大きかったわけです。
そりゃもちろん彩子さんは148cmだったけれども。
それに比べて私は160cmもあるのにちっぽけで情けないです。

でもきっとみんな乗り越えていく壁なんだってポジティブにがんばります
だって私ひとりじゃない!!





そんな今日は母の日です。

部活をやっていく上で何度母に救われたことか。

先輩に怒られた日も
試合に負けた日も
ミスをした日も
泣きながら帰ったらまず何も聞かずに
「世界中が敵に回ってもママとパパだけはずっと味方でいるよ」
って温かいご飯を出してくれる母に頭が上がりません。
なのに野菜残してごめんね。いつも馬鹿にしてごめんね。八つ当たりしてごめんね。
本当は感謝の気持ちでいっぱいです。

この場を借りてお礼を。
いつもありがとうございます。




3年 MG 矢内原まい

2011年5月7日土曜日

初めまして

東大に入学して1か月が経ちました
今春上京してきて一人暮らしが始まり、今まで多くの人に支えられてきたんだなー
と改めて実感させられています
まだア式に入って間もないので分からないことがたくさんありますが
チーム全体として雰囲気がよくて、とても居心地よくすごせています

今日は練習試合だったのですが
ポジションニングにおいてもボールタッチにおいてもまだまだミスが多く
そういったミスを減らせるように日々の練習で高い意識を持って取り組み
同じ1年でAで練習に参加している人に追いつけ追い越せと頑張っていきたいです

短い駄文ですが終わらせていただきます

1年 MF 奥野

無謀な新入り

はじめまして新1年の石見 勇樹です     サッカーを高校から初めてしかも週3ペースで1年ちょっとしかしてこなかった私がア式に入部するのは正直無謀ですがこの決断の背景にはさまざまな思いがあります。     小1から中三まで野球をしてそれなりに満足のいくプレーができた私ですが中学に入るころには心がサッカーに傾いていました。  ただ、仲間を裏切れず野球をやり通し、高校受験で知り合いがいなくなったのを機にサッカー部に入りました。  周りは皆経験者でした。 即戦力を部員は期待していました ついていけませんでした。 ついていけないからだんだん消極的になりました。 自然と練習以外の時も控え目になりました。     このままではいけないと思い自分で猛練習を始めたころには周りも受験モードに入っていきました。      練習試合にも出れないまま私の高校サッカーは終わりました。   受験勉強の間もサッカーができない自分を思い起こして人の2倍は勉強しました。 不純にもそれだけの勉強ができたのは「サッカーで負けている奴らに勉強で負けてたまるか。」という思いでした。             学年で230番目とかだった成績は跳ね上がり文系で東大現役合格できた数名のなかに入り込みました。             高校でサッカーをやらなければそのような結果は考えられませんでした。    そして今、サッカーへ熱意は変わりません。 そして悔しい思い出も忘れていません。 練習ができること、 そのことへの感謝も一時も忘れません。 私は基礎から練習に練習します。 恥ずかしげもなく。 私は勝手に「自分が皆に追いつくのとア式が関東1部に上がるの どちらが早いか」と考えています。 部の方々に迷惑をかけてしまうかもしれませんが、必ずチームの戦力になります。  堅苦しいですが入部に際しての決意と受け取ってもらいたいです。  1年 FW 石見勇樹                                                                                        

2011年5月5日木曜日

ちょっと談志ぃ~、噺してないでちゃんと掃除してよぉ~

Twitterでこんなつぶやきを見て笑ってしまいました。皆さんどう思います?
「くだらねー」とか「つまんねー」とか思う人もいるでしょうし、僕と同じように思わず牛乳噴き出してパソコンの画面があら大惨事みたいな人もいるかと思います。まあ人の反応なんてそれぞれですよね。

人間というのは刺激→反応のプロセスで動いているわけですが、この刺激と反応の間には選択の自由があって同じ刺激でも人によって全く反応が異なる、つまり私たちの行動は周りの状況からではなく、私たち自身の選択によって決まる、みたいな話を本で見た記憶があります。そう考えると「若いうちにいろんな刺激を受けろよ」というアドバイスは少し的外れで、「若いうちにいろんな反応をしとけよ」というのが正しいのかもしれませんね。反応=feelingsとしてもいいかも。

ここ最近ア式にあった刺激といえば1年生の入部と大臣杯。
それに対する僕の反応(feelings)


実はだいぶ焦ってる。

1年生。すでにAチームに呼ばれているのも数人いるなかで自分はBチームのまま。Bチームのなかでも自分の納得できるプレーができない毎日。いつになったらAに上がれるのだろう、また1年生に先越されるんじゃないかという不安が拭いきれない。

大臣杯。同期もスタメンとして出ていた中、自分がもしピッチに立っていたらと考え、その姿を頭の中で描こうとした。しかし描くことすらできなかった。情けない話、それが事実だった。
足りないものが多すぎて、自分に何ができるのか。そんなことを考えてしまう自分が、そんな自信のない自分にしてしまった今までの自分が、腹立たしくて腹立たしくて仕方がない。

思い出せば高2の冬。スタメン落とされて試合に出れない日々が続いた。何とか上に上がろうと足掻いた。自分では頑張ったつもりだった。しかし結局高校最後の試合も出場しないままに自分の高校サッカーは終わりを告げた。

走ったつもり、声出したつもり、意識したつもり、考えたつもり、追い込んだつもり、頑張ったつもり。
そんなつもりが積もり積もってそのような結果になったのかもしれない。

今もそう。大学サッカーでこの1年間自分が積み上げてきたつもりのものは自信を形成することにすら至っていない。

同じことは繰り返したくない。Aに上がる。試合に出る。オレだって主役の舞台に立ちたい。

だからこそ毎日サッカーに全力で取り組もう。出血したって、脳震盪起こしたって、全力の結果ならしょうがない。

そんなことを考えて書いた。半年ぶりのfeelings

最後に1年生にアドバイス。

二十歳になる前に彼女くらい作っとかなきゃ取り返しつかないことになるぜ!


2年 DF 大薗

Never say never.

もう3年生になりました。当たり前ですが2年前は1年生だったんだな、って1年生を見ながら感慨にふける日々です。僕が入部した時の3年生はもう引退しました。時間なんてあっという間です。

先日の大臣杯は悔しかったです。
森元さんが「この悔しさを忘れないよう…」って言ってましたが、きっと森元さんの悔しいと僕の悔しいは違う、って思うとまた悔しくなりました。
すぐ夏が来て秋が来て。去年と同じ1年を作ることに意味はないと思うから、少しでも前へ進みたいです。

新歓活動がひと段落つきました。圧倒的仕事量をこなしている川瀬を横目に遊んでいた僕と古賀ですが、なんかいっぱい入ってくれたみたいでホッとしています。入部してくれた1年生は仲良くしてください。

震災の影響で延びに延びていた春休みですが、遂に終わりを迎える模様です。これからは学校に行かず罪悪感に苛まれる日々が始まるのかと思うと今から憂鬱です。(ジョークですよお母さん。僕は真面目に学校に行くかくごです。)お母さんといえば、勘違いしてるようですが彼女はひとかけらもいません。

昨日は1年生に混じって20周走りました。当たり前ですが2年前より2分くらい速くなってて、わずかな積み上げを実感できました。
2年間で2分。サッカーにおいては微々たる前進かもしれません。
でも、歩みが遅いことは歩くのをやめる理由にはならないと思うから。前を走る人に追いつける様に。

投稿の遅いクソfeelingsすみませんでした。もっと日々の生活に気を遣います。

3年 MF 有山

2011年5月3日火曜日

脳裏に焼きついて離れない

今の率直な感情としては
もう大臣杯を戦うことはないんだなぁ
って。

応援の声もすごい聞こえて
期待されてるのもすごいわかってたのに
それに応えることができなかった。
ただ単に悔しい。

プレッシャーに強くなりたい。
大事な場面で活躍できるプレーヤーになりたい。



今日の敗戦により今年掲げた大臣杯で勝ち上がるという僕らの目標は早々に潰えてしまったけれど

まだ関東昇格っていう最大にして最高の目標が残ってる。

それに向けて
それを見据えて
これからがんばるしかない。

大事な時期に体調を崩さないように
大事な時間帯に得点を決められるように


一日一日を大事にして

きっとあっという間だから。


秋季ではヒーローになりたいと思います。

4年 MF 久保

2011年5月2日月曜日

余興

投稿遅れてしまって申し訳ありません。
今私の家の家電製品達は調子が悪いのか全然使えません・・・
PCは電源が入らないし(今電源入るようになりました)
電子レンジなんて大分前から調子が悪くて
クッキー(200枚分)焼こうとしたらショートしてしまって
だからバレンタインは未だに作れていません。
(3年生のみんなごめんなさい。5月中には持っていきます)


大臣杯本当にお疲れさまでした。
こんなにドキドキわくわく興奮出来る経験って
これから大人になっていくにつれて減っていくんだろうなと思います。
ビデオをとりながらひぃひぃ言ってる声が入ってたらすいません。


新歓も大分落ち着いてきました。
新入生の皆様、入部おめでとうございます。
自分が1年のことを思い出すと未熟すぎて恥ずかしい気持ちでいっぱいになります。
よく先輩にあんなこと言えたよな・・・とか。
でもそんなことを今感じれるだけ自分は成長したのかなとも思います。
新入生のみんなはやる気もあるし私が1年生のときの何十倍も優秀です。
だからこれから一緒に仕事が出来るのが楽しみです。


もし自分が部活に入っていなかったら何をしていただろうと最近よく考えます。
多分続けたかったアパレルのバイトを続けてためたお金で留学して
友達と遊びまくって、多分今してる生活とは正反対の日々を送っていたと思います。

部活をやることが大学生活において、絶対の正解だとは思いません。
部活をしてない人が充実してないかって言われたら全然そんなことはないし
部活をやっていれば失うものもあります。でも得るものだってかなり多い。

何事も犠牲にするものが大きいからって、それと同じくらいの見返りがかえってくるわけじゃない
でも得たいならある程度の犠牲は払わなければならないし、その対価に見合うものを差し出さなきゃならない

人間は欲深いから、きっとどっちの道を、何の道を選んでも
ああしてればよかっただの、こうすればああだったのにと後悔してしまう。
それならば自分が選んだ道を後悔しないように行動するしかないのだと思います、、
というかそれ以外に自分を納得させる術が見つからないのです。

なにが言いたいのかよく分からないのですが
とにかく私は大学生活、このア式で頑張ろうと思います。


あと関係ないのですが
中高が一緒だった友達が先月結婚式をあげました。
部活と学校のため出席できませんでしたが、写真を見て
本当に幸せそうでうらやましくなりました。私も結婚したい!
それに私の親友は今妊婦さんです。
大学を休学して子どもを産むことを決めました。
もう一人の親友は今病院で働いています。

大学三年生といえどももう21歳。
立派な大人なんだなと思います。
みんな色んな選択をして、沢山悩みながら
でも後悔しないように自分の選んだ道を進んでいる。
私も負けたくない。

6月に中検があって焦っている
3年 AT 森田 亜沙華