2012年2月10日金曜日

追い1グランプリ2012を振り返





ってる暇なんてない。

以下、ベタに抱負的なものを。


何を目的に、どこを意識して。

先日のパフォーマンスアップセミナーの講義はグラウンドでのトレーニングを含む、トレーニングでも根本的なところを自分に再確認させてくれた。
ついでにフルスクワットやゆっくり下ろすことのえぐさも再確認させられた。


どのトレーニングも最終的な目的は「試合に勝つ」ことにつながっている。
そこの目的はぶれてはいけない。

ただ、試合に勝つという目的がある中、自分があるいはチームが、思い通りに相手の逆を取り、相手を翻弄するプレーができたら、そんな最高なことはない。
サッカーの楽しみの一部はそこにあると思う。


一方、思い通りにいかないことが多いのも事実。
プレー中ぶつぶつ言ったり、味方と要求しあったり、自分と向き合ったり。

自分が持っている技術、判断etcの範囲でしかサッカーを楽しめないという言葉を目にして、まあ確かにと思った。
パスが思い通りに出せなかったらいらっとする。
正しい、速い、早い判断が下せなかったら、判断が間違っていたら、あーって思う。


それが頻繁に起こる環境に身を置くことで、そこに慣れてしまうのは最悪だ。

環境については、新聞のコラムかなんかにこう書いてあった。

海外に移籍していった日本人選手が皆、
こっちは毎日の練習が戦いだ、
練習の環境が日本とは違う、と言う。
そして、そうした環境を求めて日本人選手がまた海外へと出て行く。
日本サッカーのレベルの向上にそれは必要だ。
しかし、国内の環境のなかでベストをつくしたのか。
あるいはそうした環境を自ら変えようと行動を起こしたのか。
そこを再考してみよう。

と。
レベルは違えど、今の環境に満足していないかといったところか。

自分の立ち位置、環境に関係なく、自分で、「もし上のレベルなら?」というとこにこだわりたい。

最近は、「こだわり」が「当たり前」に、「意識」が「無意識」になるとこまでやらないといけないと強く感じている。

1つ1つ成長するのではなく、1回のトレーニング、1つのきっかけで大きな成長を。

今年も色々と考えて、こだわっていきたい。








来年、関東1部昇格を果たしている自分に期待して。


3年MF 大島 







0 件のコメント:

コメントを投稿