2012年2月20日月曜日

いろんな考え方

 「出会ってピンときたらすぐプロポーズしなさい!」
 これは浪人時代通っていた予備校の講師がいつも言っていた言葉です。長いこと付き合うと嫌な部分ばかりが見えるようになり、萎えてしまうからだそうです。実際、この講師は今の奥さんとかなり早い段階で結婚したそうですが、予備校講師は極論ばかり言うイメージがあるので、あまり相手にしていませんでした。

 ところが、昨日読み終わった小説の主人公は妻と二回あっただけ、しかも一言しか交わしてないのにプロポーズして結婚してしまいました。結婚後に心の壁を埋めていくという一風変わったお話でしたが・・。それから、大学生になって時間ができ、友達と長い時間語る機会ができましたが、恋愛とか結婚とかの話になると、圧倒的にファーストインプレッションが大事という意見が多くて驚きました。最初のスタンスが友達だとなかなか発展しにくいらしいです。
 友達になってお互いをよく知ってから、恋愛やら結婚というイメージが少なからずあり主流だと思ってたので、違う考えや価値観に触れられて面白かったです。
 
 違う考えや価値観といえば「部活」についていろいろ考えさせれました。オフの帰省中にいろんな人に会い、大学で体育会で部活を続けていると話すと、すごいね頑張ってと言ってくれる人もいれば、部活を続けることに否定的なことを言う人もいました。僕は別にどっちが正しいとか正しくないとか思わないし、否定的な人に何か言い返すつもりもありません。大事なのは自分の決めたこと、やりたいことをやり抜くことだと思います。
 確かに大学で部活を続けるというのは高校などで部活を続けるのとは違います。高校は授業が忙しく時間がないし、社会的に制限され守られているので行動範囲は狭いです。一方大学は、授業が少なく時間の余裕があるし、社会的にも自由で行動範囲も可能性もぐっと広がります。その中でその種目を一番に考えて大学生活を送るわけで、とらえ方によっては部活を続けることが他の可能性を排除することだということもできるかもしれません。
 しかし、部活は部活で得られることはたくさんあります。時間の使い方をきちんとすれば、部活で得られない経験や知識を得ることもできると思います。それ以外の人はその人なりに、時間の余裕がある中でいろんな経験ができるわけで、結局自分次第なのかなと。

 というわけで僕はサッカーを第一に考え残り三年間を頑張って過ごしたいと思います。ただオフの過ごし方は改善して部活では得られないものを得られるようにしたいです。よくわかんない決意表明になってすいません。

アプリで調べて行った美容院が犬の美容院だった 新二年 卓間 昭憲

0 件のコメント:

コメントを投稿