2012年2月12日日曜日

二兎追うなら三兎得たい

シーズンインしてから2週間がたち本郷から離れていた1ヶ月間を取り戻しつつあります。

秋季リーグ、入れ替え戦、新人戦と怒涛の3ヶ月間のあとの1ヶ月のオフは、いろんな意味で自分の中でア式が大きな存在だったんだということを確信させられました。

そしてこの1ヶ月は自分と向き合う期間でもありました。
自分がいま何をしたいのか、何をすべきなのか、考え悩まなかった日はありませんでした。周りが夢に前進していることへの焦りやこの1年の時間の早さを身に染みて感じ、自分の大学生活はこのままで良いのかと未だ答えを見出せずにいます。

ただ考えながら凄く感じるのは、自分を表現できるものに出会いたいという気持ちが一層強くなったということです。それがア式であろうが他の世界であろうがどんな環境にせよ、そのためには一皮剥けた自分にならねばっ!と思います。

2012年のシーズン目標にも掲げた通り、意志を強く持ち、また瞬時に優先順位がつけられる決断力のある人間になりたいです。

今年もよろしくお願いします。

松本山雅FCに親戚が移籍し世間の狭さを改めて感じた
新2年 MG 野沢日向子

0 件のコメント:

コメントを投稿