2012年4月28日土曜日

明日は東上線にのって熊谷までおでかけするんだ♪

新入生の皆さん、入部おめでとうございます。

正直に言うと、以前に知っていた人以外はほとんど顔と名前が一致しません。 でもこれから頑張って覚えるつもりです。僕のことも覚えてください。

 いつかのfeelingsで、道喜さんが言ってたことを思い出しますが、このチームで過ごす期間のおよそ3分の1が過ぎてしまっているんですね。 (11月はボーナスステージとすると、2月から10月までの9か月間のうち3か月が過ぎた!!)

まだ4月、と思っていますが早いものですね。

 個人的な話をするとこの学期は授業を多めに取って忙しくしているんですが、文学部の授業は扱う領域が異なってもなにかしら通底するものを見出すことが出来て面白いんですよね。
しかもそれをサッカーと連想させて考えるともっと面白い。

 たとえば、、、

 実在論と唯名論の対立とか、虚構における癒しの作用、などなど。。
 サッカーについての語りは少々実在論に傾きすぎていて、そうなると個別の場面を正しくとらえることはできないんじゃないかな、なんて思ったりもしています。


 ………だめだ!テーマがまとまらない!つまらないプライドは捨てて箇条書きにしよう!

○部員の爆発的増加に起因する部の変質というのは学問的にも面白いと思うのだがア式に切に迫っている問題として現実的に考えなきゃなとも思う

○もうそろそろ「ア式っていい集団だな、仲間に恵まれたな」って自明のことを言うだけの部員であることをやめて、自分もそう思われるような仲間になんなきゃな、って思った

○ボウリングってレーン予約すると意外と高いんですね

○俺はむしろ同クラ恋愛をぜひとも成功させてほしいと新入生には思っている。な、だいじゅ。

○いやほんと新歓係お疲れ様でした。はたから見ててすげーな、って思った

○大臣杯は正直、優勝できるんじゃね、って思ってた。

○でも現実は違ったよね。きっとリーグ戦だともっと難しいよね。
 
○ひとまず大東には新人戦の借りを返すことと、タカさんに成長した姿をみせること。2年前なんかの日記を読むと、すごくいいタイミングでこの対戦がまわってきたな、って感じがする。

○個人的には、もっと存在感を出せるはず。もっとできるはず。勝負の年だからね。傍目にも、あいつちげーな、っていう存在になる。

○都選、都県選に選ばれてやるよ、って思ってますよ。SB、CB、ボラ、どのポジションも(ハイクオリティで)できる選手になりたい。かっこの中重要

○チームとしてはもちろん関東昇格。去った学年は偉大だけれど、越えてやりますよ、ねえ。

○今日夢の中で某先輩に説教された。てめえ、都選も関東昇格もなんならレギュラーの座もそんな甘えもんじゃねーぞ、ねごと言ってんじゃねえ、って

○そうですよね、締めていきます。


3年 DF/MF 片山

0 件のコメント:

コメントを投稿