2012年5月14日月曜日

Renaissance

題名に特に意味はありません。
なんとなくかっこいい綴りだっただけです。

春休み中は、2年生になったら授業は楽になるから3学期は余裕ができるんじゃないかと思っていましたが、感覚的にはそこまで変わらない感じで、むしろ様々な可能性を持った自由な時間の使い方に苦労することもあります。やはり「権力にひれ伏す」のがいいんですかね。

今週復帰できそうです。
DL生活は案の定つまらなかった・・・・と見せかけて、いろいろな人とゆっくり話ができて楽しかったり勉強になった面もあります。今まで考えなかったことをいろいろ考えるようになった面もあります。ほかの仲間に支えられた面も大きいです。そしてしゃがめるようになってよかったです。

DL中考えていたのは高2でけがをしたときにかけてもらった言葉です。それによると「怪我する前よりした後のほうが強くならないやつはアスリートとして終わり」らしいです。内面的になのか外面的になのかは聞くの忘れました。傷心してたんですね。

とにかくまたサッカーができるわけですが、具体的な決意とかは書きません。自分の自尊心は自分で守ります。もうすぐ成人なので。あえて書くならこんな感じです。

嗚呼岳南の花吹雪
春宵の夢醒果てて
血を啜りけん凄惨の
臥薪の業の成りにけり
喨喨高く天を突く
金鼓の響き聞くや君

いよいよ混乱してきた
2年 関野麗於直

0 件のコメント:

コメントを投稿