2012年6月3日日曜日

今夜はから騒ぎ

vs首都大、そして紅白戦お疲れさまでした。
私がfeelingsを書くのも多分あと1、2回。
今までの見直してみると、本当に思っていたことを書けていたかはわからない。

その人が選ぶ言葉にはその人の人格とか人生が反映されると思っています。
だから、ここでなんか例えば本当に(?)思っていることを書いて
あいつあんなこと思ってんだウケルーとか思われるのが怖いし
自分の薄っぺらさを露呈するようで嫌なのでfeelingsは苦手です。
でも自分が最後に書くものは、少しは魂込めて書きたいと思います。


最近あった嬉しいこと。

東京大学基金HPに私が撮った写真が数枚掲載されるらしいです。(ア式のページに)
しんごさんの写真とかの横に載るみたいで非常に恐縮なのですが嬉しいです。

去年の秋季私は、ビデオでもなく試合を見るでもなくひたすら一眼レフをかまえて写真を撮っていました。

きっかけは、yearbook。
yearbookをはじめて作るということで、ゆきさんのお父さんの一眼を使って写真をとりはじめたのがきっかけです。
はじめは、写真なんてどんな風にとっていいか分からなかったけど写真を撮る楽しさに、気づいたらトリツカレテいました。

試合中のみんなの顔は、本当にかっこいいし綺麗だと思います。
一生懸命さは人の心を魅了する力?を持っていると思います。

試合を見たいけど、来れないお父さんやお母さん、そしてOBやOGの人にもこの御殿下で行われる熱い試合を見てほしくて必死にシャッターをきっていました。

この秋季もきっと私はずっと写真を撮ってると思います。
最近バイトを頑張ってるので、そのお金でMY一眼を買おうかなとも思っています。

ここでお気に入りの写真を数枚紹介します。









何かに必死になれるって本当にすごいことだと思います。
私はア式に入るまで、こんな深い感動を味わったことがありませんでした。
やっぱり、何かに本気に取り組むためには何かを投げ捨てなきゃいけない。
そんな覚悟が出来ない人に、本当の感動は得れないんだなと感じました。(別に部活だけじゃなくて)
特に、選手はもっとそうだろうと思います。

個人的に、私の代は凄く恵まれてると思います。

1年 2部2位 1部昇格
2年 1部昇格4位 久木田選手:東京大学ではじめてのJリーガー
3年 1部優勝 関東大会入れ替え戦に出場
4年 何年かぶりに都県選へ

こんなに素晴らしい結果を毎年、目の当たりにすることができた。
でも、それはきっと当たり前のことなんかじゃない。
ここに来るまでたくさんの人たちが努力して悔しい思いをしてきたと思う。
だから今年こそは絶対関東に昇格して、後輩たちに関東でプレーしてほしい。

そのために、私が今できること。一生懸命やっていきたい。
あと引退まで半年、後悔のないようやりたい。

私にはいっこ上のATの先輩もいなくて、同期のATもいなかった。
それは自分にとって凄くプレッシャーだったし、コンプレックスでもあった。
色んなことを一人で決めなきゃいけなくて、戸惑って失敗してたくさん迷惑をかけた。
ダメな先輩だったし、ダメな同期だったと思う。
でも、そんな私を支えてくれたみんなにしっかり恩返しをしたい。

スタッフだけど、選手とは違うんだけど、やっぱり関東大会に行ってほしい。
そのための環境づくり、雰囲気づくりに徹したい。
ラスト1年がこんなにも、今までと違うなんて。
あと半年、宜しくお願いします。

↓これは今日撮った写真たち。





最近はtwitterでも写真つぶやいてます。
4年 森田 亜沙華



2 件のコメント:

  1. いつもいつも写真を撮っていて下さって・・・ありがとうございます。 ア式の皆さんの素敵な姿を楽しみにしています。 
     そして、陰から選手の皆を支えて下さってありがとうございます。 ア式の皆さんの熱いチームワークに感動!!です。

    返信削除
  2. 久しぶりに素敵なFeelingsです。
    写真という形でア式の足跡を残すのって、良いですね。
    これからも、仲間の輝いている姿を残していってください。
    応援してます。

    返信削除