2012年7月18日水曜日

試験そこそこ上手くいったのはオフのおかげでし、た。


オフが明けて、秋季があと1ヶ月というところまで来ている。

今年は幸い、怪我して離脱することなくシーズンインからやってこれた。

「怪我をしない」ことは、今年の目標でもあるからこれからも体の管理には気を使いたい。




・・・が、それでいいのだろうか?

もちろん、すぐに怪我をしてしまう選手は戦力として考えにくいだろうから、あるいは怪我せずに継続してトレーニングを積むことが大事だから体の状態に気を配ることは大切だ。



自分の立場について考えてみよう。



トップの試合に出れない自分。

負けている状態で、交代カードが残っていても投入する気にさせない自分。



明らかにレベルの向上が必要だ。

全体のトレーニングの時間以外の時間の使い方について再考したい。

特に心構え。

やってないとは自分でも思わないけど、追いつけない、追い越せないのは単純に足りないから。

翌日に試合があるから、課題が忙しいから、そんな理由をつけて追い込む頻度を減らしていたかもしれない。



「やるなら徹底的にやれ」


先日BRBのトレーニングに参加させていただいたときのOBの方からのメッセージ。

このチームのトップとかじゃなく、関東の選手との差を埋めないといけない。

心が熱くなったよね。やってやろうと。

こっから先のモチベーションとしては十二分。



一ヵ月後の秋季開幕戦、自分がどんな立場にいるのかは決まっていない。

いい意味で予想を裏切りたい。

全ては自分次第!

自分が出たポジションで最高の選手になる!





そして昇格。



新たな暮らしについて触れずに真面目トーンになってしまった
3年 MF/SB/どこでも使ってください  大島


0 件のコメント:

コメントを投稿