2012年8月23日木曜日

僕が僕であるために

勝ち続けなければならない (尾崎豊)



東大ア式が東大ア式であるために…


サッカーは、野球やアメフトのように攻撃と守備が分かれていない。バレーボールのようにテクニカルタイムアウトを取れたりすることもない。ハーフタイムを除く90分の中では、アウトプレーの時も含めて気を抜くひまがない。あらゆる球技の中でも、非常に連続性の高い種目だと言える。

この連続性の高いサッカーにおいて勝つために重要なことは、チームの各個人が「○○し続ける」ことだと思っている。

試合を支配し続けることや競り合いに勝ち続けることは難しいが、技術的に相手が上だとしても、集中し続けること、走り続けること、声を出し続けること、など「できること」は多くある。「できること」をやり続けることは簡単なことではないが、「できること」で相手に勝ち続けることが、東大が試合に勝つためは必要最低限のことだ。

「できること」というのは試合の中に限ったことではない。グランドのゴミを拾うこと、練習に必要な準備をしっかりと行うこと、氷を持ってくること。こういった小さなことは、直接試合の勝敗には関わらないかもしれない。でも、この小さなことを全員が継続し、積み上げていくことで、東大が目指している愛されるチーム、勝ちにふさわしいチームになれるだろう(と、先日小野さんの言葉を聞いて感じた)。





東大ア式が東大ア式であるために

勝ち続けなければならない





3年  FW  賀茂

文脈とは違う答えを出してしまった。あえてとかではなく、ただただ言いたかったんです。
秋季に向けて心に留めてる言葉、思いを吐き出して終わります。

・自信を持て、過信はするな

・狙ってるやつが1番強い

・当たり前のことを当たり前にやる

・勝ちに不思議あり、負けに不思議なし

・全員で勝ちにふさわしいチームに

・まずは今週末。初戦。勝つ。勝って恩返しを。

0 件のコメント:

コメントを投稿