2012年9月12日水曜日

無事是名馬

いやー、身にしみますね。
怪我ってなんなんですかね、ってか閉鎖筋って何だよ、怪我するまでその存在も知らなかったわ。ググっても歌がうまくなる!閉鎖筋トレーニング!とかしか出てこないわ。
って感じなんですが、怪我してひとつだけ良かったことがあります。
それはクロールがやばいくらい上達したことです。
どうでもいいですね。ほんとはこの二行の間に10行くらい水泳エピソードを書いたんですが消しました。


俺が怪我してどうのとかどうおもってるとかここからひたむきにがんばりますとか書いても面白くないので、といってもほかに面白いことがあるわけではないんですがなんか違うことを書いてみます。


最近ふと頭をよぎる言葉について。

原点回帰。
だれもが口にする言葉だし、なにか問題があるときに原点に立ち返ってみる、というのは至極当然のことだ。しかし、当たり前こそが難しい。
というよりも、当たり前のようになっている言葉だからこそ自分にとっての意味を見いだすのが難しい。原点回帰という言葉を使うこと自体は簡単だ。しかし原点とはなにか、そこに回帰するとは具体的にはどういう行動をとることなのか、実際にあたって考えてみるとその答えは容易には出ない。


一昔前とは目標が違う、チームとしての立場も違う、環境も大きく変わった、人数が多くなった、ア式が様々な変化をした・している今だからこそチームとしての原点というものを見失わないことが非常に重要になってくる。
ではその原点とは何か。原点とは東大が関東にいた頃、さらに昔、日本サッカーを引っ張っていた頃にあるのだろうか。
ある程度はイエスであると思う。原点とは言い換えればチームの土台である。チームの土台にはやはり連綿と受け継がれる伝統が影響する部分が大きいと思う。
しかし、自分としては原点とは過去に求めるものではないと思う。
チームとしての原点、それはやはりどういうサッカーをしたいか、どういうチームでありたいかについて自分たちがどう思っているかということであると思う。それを考える上で伝統を踏まえるのはもちろんだが、原点は自分で見つけ出さなければならない。
独りよがりであれ、と言っているわけではもちろんない。仲間と話して、OBの方、応援してくれる方の言葉を聞いて、原点を探っていくべきだ。
そうして見つかった原点は確実に自分たちの力になる。しかし、そのためにはその原点を日々忘れずに肝に銘じて、それに照らして自分の行動は正しいのか、常に自問自答しながら行動しなければならない。集団の一員として行動するということは、自分の基準が第一ではなく、集団としての基準を第一として行動することだ。
原点を忘れずに行動すること、その行動をみた下級生がそれがア式なんだと学んでいく、そういうふうに受け継いでいけたら、集団が悪い方向に変化してしまうことはないのではないか。
折々に自分たちが目指しているところを見直し、それと自分の行動が合致しているか反省する。これが自分の考える原点回帰である。
原点とはなにかは言葉ではうまく表せないが。

と、こんなことを火曜日のミーティングを受けて考えてみました。僕の考えだけじゃなくいろんな人の考えを学ばせてもらって書きました。
原点回帰という言葉をキーワードとして選んだのは決して最近きたジュビロのサポーターズマガジンがそれぞれの原点回帰特集だったからではないです。

まあ結局、集団は個人の集まりなんだから、集団の意識がどうたらとかいっても結局は個人の問題。
1人1人が高い意識を持てるか、それにかかっていると思う。
人数が多くなったということが今はマイナスに働いているかもしれないが、個人がさらに高い意識を持てればもうひとつ上の集団になれる。
そのためにも上級生がまず見本を見せていこう、と思い直した次第です。
最近、遅まきながらチームのこと、というのも少しは考えられるようになった気がします。行動には表れてないと思いますが。がんばります。
ここでまじめなこと書くのは自分にプレッシャーをかけるためです。



feelingsに限らず、いろいろ考えて最後に思うことは、
サッカーするためにア式にいるんだからまずはピッチで全力を尽くすということ。
サッカー的な原点回帰は、切り替え。切り替え。そして切り替え。明学にされたように切り替えと出足で相手を圧倒するのがア式だったはず。


結構長くなっちゃいました。ほんとはおばちゃんに対抗して魔の山からの引用とか繰り出そうとか思ってたんですけどねー。やめときます。底の浅さが見えてしまうので。




3年MF 中肉中背会は今週を希望 長尾林太郎











0 件のコメント:

コメントを投稿