2012年9月2日日曜日

場所を変えなきゃ見えねェ景色もあるんだ

セリフを引用するのが最近のテンプレかと思って、タイトルにしてみました。
ONE PIECEの67巻でトラファルガー・ローが言ったセリフです。


先日少しだけカイザースラウテルン杯の運営の手伝いをしました。
ミニゲに参加したり得点板を動かしたりと、比較的楽な仕事しかやっていなかったのですが、それでも自分がかつて出た大会の運営に携われたことは貴重な経験となりました。
自分が中学生だった頃はサッカーをすることだけしか頭になく、大会の運営に携わってくれている人のことは念頭にありませんでしたが、今回運営する側になって、自分のチームの試合時間でもないのに会場に早く来て準備などする先生方や運営スタッフの方々を見ると、いろいろな人に支えられて自分はサッカーができているのだということに改めて気づかされ、感謝するとともに恩返ししなければならないと思うようになりました。

選手側から見える『景色』と運営側から見える『景色』は違うということ。

そして両側から見るとより良い『景色』が見えるということ。


日常の中でも、ある出来事に対して自分とは違う意見を持つ人がいるというのはよくあることです。
それはすべての人がそれぞれの『場所』に立ち、それぞれ異なった『景色』を見ているからです。
民主主義の世の中では多数の意見が正義とされますが、意見が異なるというのはその人の『場所』が自分とは違うということだけで、本来これらは正義とか悪とかで割り切れるものではないはずです。
だから自分とは違う意見に出会ったときに、それを間違いだと切り捨てるのではなく、十分聞いた上で新しい自分の『場所』から『景色』を見直すことが大切だと思うわけです。


サッカーでも意見の違いはあって当然で、衝突があるのが普通です。
この時大切なのは、自分の意見を押し付けるだけでなく、相手の意見も十分聞くということです。
相手の意見も聞くことで今まで自分には見えていなかったものが見えてきて、成長のきっかけになるということもあるのではないでしょうか。
そしてチーム全体で意見をすり合わせることができたら、より大きく成長することができるのではないでしょうか。




・・・と、賢人ぶった前置きはさておいて、ポケモンの話でも・・・以下略

2年 中塚亮太

0 件のコメント:

コメントを投稿