2012年9月10日月曜日

1年生が30人以上いようがfeelingsからは逃れられない。フィットみたいですね。

タイトル自分で書いて少し気分が沈みました。
「俺が今からみんなを処刑するみたいなテンションだね」by小野さん

せっかくサッカー部員によるサッカー部のブログなんだからサッカーの話題を書こうと思っても、東大サッカー部のブログ読者・筆者でJ2の京都サンガなんて僕以外興味ないし、プレミアリーグなんて今時みんな見てるし、ましてやア式における僕自身の立ち位置、思い、なんて僕以外全く興味ないので、結局サッカーについて書く事は断念せざるを得ません。

だからといって、片山さんの高校時代のあだ名とか、久々に会った同級生に「お前、喋れるようになったんやなあ」と言われたとき、別に「面白くなった」とかそんな話してないのにニヤニヤしながら腕をポンポンと叩いて「笑いの腕上げたんや」アピールをしていた東野さんの話とか、相変わらず相棒を作ってツーマンセルで行動したがる鎌田先輩(東大では同じ学年になりました)のぶっちゃけよくわからない生態とか、そんな高校の先輩をネタにして笑いを取りにいっても、スベって怪我をするのは僕ではなく先輩方なのでやめておきます。

東大寺の先輩方は本当にリスペクトしてますんで。

そのへんの礼儀はわきまえた後輩です。


えー、話は変わりまして、最近、やっと自分を客観的に観れるようになってきました。

例えば、入学前は「夏には彼女もできて夏祭りとか花火とか行きまくるっしょ~」とか思ってまして、実際7月くらいまではリアルライフを充実させることを諦めていませんでしたが、最近になって「俺には無理」ということに気づきました。そして僕は秋葉原に出かけました。

理想・・・・・・というより妄想が現実に追いついた、とでも言いましょうか。
夢見がちで浮き足立った日々から脱却できそうです。

勉強に関してもそうです。
「教養学部、行っちゃいますかぁ~?」→「・・・・・・まあ文学部かな」
せめて語学だけでも夏休みの間に頑張るべきだな、と思ってドイツ語の問題集を購入しました。

そして結局サッカーの話をすると、最近になってやっとAとBの差、BとCの差、自分に足りないもの、自分がすべきこと、見えてきたような気がします。
確かに今日、BRBの練習参加をビビリました。
BRB、というよりBBR、でした。
今の一行いらなかったですね。ごめんなさい。
しかしながらA~Cが集まったミニゲーム、それが半分お遊びでも、僕はまだまだ「Cだな」と思いました。悔しかろうが悲しかろうがそう感じました。
でも「自分がまだまだCレベル」と自覚することが、これから上がっていくに向けて大切なことだと思ってます。というか信じてます。
そんな感じです。


まあ、いろいろとありますが、まとめて言うと、僕は僕を信じてます。そんだけです。

片山さん!今日はナイスゴールでした!ご飯行きましょう!
1年 藤岡

0 件のコメント:

コメントを投稿