2012年10月10日水曜日

結局一番困るのはタイトル

新学期も始まり、誰が何点だったとか、誰が何単位とったとか、今学期の履修どうするとか、いろいろと耳に入ってきます。
2ヶ月間サッカー漬けの毎日を送った反動か、単なる一般的な東大生の性か、大変盛り上がっているようで...
かく言う僕は単位も順調に取り、さらに必修がほとんど無いという学科のこともあり今学期はかなり自由なタイムスケジュールになりました。
っていう話は割と僕自身部室とかでしてる気はしますけどね。

とりあえず2年生の進振りが終わったところで、結局後輩が出来なかったのが残念です。
まぁ底点がそれなりに高かったからしょうがないような気もしますが。
1年生向けに宣伝しとくと、工学部社会基盤学科ってとこで必修は3年夏のフィールド演習と卒論のみ。
この演習が秋季中なのが困りものですが、実験はなし、その他の演習は必修ではないので、基本的には自由です。
あと、扱う分野が広いです(だからこそ社会基盤って何やってるのって聞かれると返答に困るんですが)
後輩、絶賛募集中です。

そんな感じで最近はゆったりとサッカーメインで過ごしてるわけですが、こうア式の人たちに多い気がするのはオフにすることがない、っていう悩み。
昨日なんてB練終わって、後練、筋トレして、その後部室でだらだらせずに家に帰ってみたら帰り道よくわからないけど不安になりました。
多分それくらいにはだらだらと時間を使うことに慣れてしまっているようで。
まぁ早く家に帰って何をしたかって、夜ごはん食べたら腹痛くなってベッドに倒れこんで3時間ぐらい寝てたら、中途半端に目が覚めちゃって、しょうがないから料理(といっても面倒なので最近はカレーとかシチューとかそういうのしか作らない) して交代浴して2時間ぐらい時間つぶしてようやく寝ました。
昨日は料理しただけ有意義だった気はするけど、やっぱ普段は結局何もやってないといえばやってません。
結局のところ一日ってサッカーするか、トレーニングするか、アクティブレストするか、パッシブレストするか、で終わってるわけですが、あまりにもパッシブレストの選択肢がないことが問題。
最近は昼寝しすぎて、まぁレストなのでいいんですけど、たまに軽く自己嫌悪になったりします。

で、ア式に関わらない範囲で今一番楽しめてるのはサッカー観戦。(結局サッカーではある)
香川、乾、清武、宇佐美あたりの移籍組が躍動してたりして、今週のフランス戦、ブラジル戦なんかが楽しみです。
や、嘘つきました、単に寿人が代表呼ばれてていつもより楽しみなだけでした。
寿人といえばJリーグは34節中28節終わって、当然サンフレが優勝できるかどうかが一番気になってます。
悲しいことに広島はシルバーコレクターなので、一昨年のナビスコやもうちょっと前の天皇杯とか、ことごとく準優勝どまりな感じが染みついてて、なかなか優勝しそうな感じが信じられないのが現状。
なんとか優勝してほしいと思っています。
まぁ広島の試合は毎試合楽しみにしてるんですが、それ以上に熱いのは残留争い。
早々に札幌が降格決定して、あと2枠。
最近某軍団長が某SNSで試合内容に反応してくれるガンバ、新潟、大宮、神戸あたりでしょうが、あと6試合でどうなるのか、とか。

こうやって書きあげるとやっぱりサッカーぐらいでしかfeelしてないような気もしますが、実際そうなんだろうし、別に恥じることでもなんでもないわけで。
とはいえ現状秋季の舞台は近くはない位置に甘んじていて、今年の秋季はあと2週間、関東大会行っても1カ月強、そして引退まで1年強。
せっかく部活に打ち込める時間が増えるのだからもっともっと高まらないと。
前節、長尾が「楽しめ」って言ってたの、凄い納得している。
今年の春合宿で「僥倖」の件で骨折して、1か月半近く松葉杖で生活してたときから、結局福島先生もびっくりの回復速度で3ヶ月で復帰して、サッカーやった時の楽しさ。
少なくとも今までその楽しさをわすれずにサッカーが出来てると思う。
秋季、厳しい状況になってるけどまだ諦めるところじゃないし、ここ何試合も紙一重の試合が続いていて、そういう試合をものにできるのは、今まで積み上げてきたものと、気持ち次第。
積み上げてきたものはある、多分もっともっと楽しめる。
少なくとも自分はいまサッカーを楽しめてる。
秋季に出れてないし、だからこそそれは真に楽しめてるとは言いたくないけど、そうだとしても、復帰以来ゴール前で目の前にボールが転がってきて点取れるみたいなシーンは多かった気がしてて、自分の中ではサッカー楽しめてるからなんだって思うことにしてる。
それにしても7月からの3ヶ月でこれだけ決定機を外した中で18得点は出来すぎかもしれないけど。
まぁ今のプレースタイル柄、点とれなきゃやってけないわけで、技術・判断・フィジカル全部しっかり伸ばして、点取る「だけ」のFWから脱却する。
リーグ戦で戦えるだけの選手になる。
それができると信じる、そのためにできることをやる。
少なくとも今はそれが戦い方。

いろいろ思うところはあるけど、結局はできることはぜんぶやる。
この言葉、好きです。
光永がfeelingsでも言ってたけど、こうやってちゃんと形にすることで自分へのプレッシャーになるのもあり。
こういう思いを心に秘めておく方が実は好きだけど、自分が変わるきっかけとしても。

思ったより長くなってしまった。

まずは山学倒す。
3年 FW 矢野

0 件のコメント:

コメントを投稿