2012年10月3日水曜日

行き着く先

  • 泥沼!遂に降格圏内か!
  • 自力入れ替え戦消滅!
  • 3連勝が絶対条件!
  • 勝てない!1カ月勝利無し!
  • またも試合終盤に失速・・・逆転負け
  • チーム状態は!?
  • 去年の優勝チームと何が違う!?
もしもア式が有名なチームで、都リーグがメディアに取り上げられる様な注目度だったとしたら、現時点での状況はどんな見出しを付けられるだろうか。そして、どんな内容の記事が書かれるのだろうか。
たぶん、上の様な見出しは全然生ぬるい表現だしキャッチーでもない単なる状態なので、実際はもっとあることないこと誇張したゴシップじみたものになるはずだ。
「おいおい実際と全然ちげーよ、試合の結果しか見てないで書いただろ」と思う様なことから、「どうこう攻める(守る)べきだ」という戦術批評まで世の中に発信されたりするのだろう。

そして必然的に、結果が伴っていないチームには批判が多くなって、選手を追い込んでいく・・・(妄想終了)


自分達のやってきたことを信じろ。

健太郎さんも小野さんも浅井も言っていたので、細かい説明はぐだぐだいらないし、昨日光永が書いていたようにこれはトップチームだけじゃなくて全体に言えることだ。MGもATも。
全員で高め合ってきた。最初の方にあやふやだった戦い方の意識も、ミーティング等で統一し始めた。どんどん良くなってきている。

そのうえで更に何ができるか。
やはりまた戻って、個人なのではないか。
いや、当たり前にみんな同時にやってきてるか。うん、自分に言ってるということで。
4年になるとどうしてもチームのことを考える割合が増える。

1、2年の頃のサッカーノートを読み返してみた。
  • 紳吾さんにアシストする!(1年秋季FW出場時)
  • 味方だけでなく、相手を見れる選手になる!日大~番のように
自分がどうしたい、どうなりたい、挙句に果てに相手に感心して目標にしちゃてる。
そうだよ、いいじゃん。
コンディション整えて、万全の体調でプレーするなんて目標でも楽しみでもなんでもなく当たり前。
次の練習、次の試合であれしてみよう、こうしてみよう、ってやっていくのが楽しいんだよ。
もちろん相手に勝つためのプレー。そのための土台となる苦しいことは上に書いたように皆でやってきた。試合に怯えてるなら出ないほうがいい。
大丈夫、ア式に見出しがついて世の中に批判が発信されるほど有名でもないから。
ここから全勝して関東に上り詰めた場合は別だろう、それだな。

自分に言い聞かせるだけのfeelingsになった。
まあいいや。まだ思い出や後悔や感動、感謝を語る時期じゃないと個人的に思ってるし。

サッカーって楽しいよね。

ではグラウンドで会いましょう。


4年 主将 古賀久善

1 件のコメント:

  1. 最後の最後はノリと強気
    やれることはまだ山ほどある

    監督 胡内@リオ すまん。

    返信削除