2012年10月16日火曜日

この"話"をあなたが気に入ってくれるとうれしい


悔しい




これだけ書いて次の言葉を探していると、恥ずかしながら泣いてしまった
最近とても涙もろい

関東大会への可能性がなくなったのが悔しい
失点が悔しい
立教に負けたのが悔しい
東農に負けたのが悔しい
東農の一失点目を防げなかったのが悔しい

関東に行けると信じていた
期待してくれていた人たちを裏切ってしまったのが悔しい
あと一試合しかできないのが悔しい
去年やって分かったが、関東大会は都リーグとは全く違う舞台だった
そこで戦えないのが悔しい

怪我をしたのが悔しい
自分に腹が立ってくる
4, 5, 6節の時は、走るだけで辛い、サッカーなんか全然したくないような状態でやっていた
けど自分が出て勝ちたかったから無理してやった

けど結果が出なかった

「こんな状態の俺が試合出るより、他のやつが出た方がいいんじゃね」

こんな風な考えをしてしまったことが一番悔しい
精神を蝕む怪我の恐ろしさと、自分の弱さが腹立たしい



前節勝てたのが嬉しい

三浦さんの一、二点目、秋穂の三点目、東野の四点目
一点一点全てが全身を沸かした

頼れるチームメイトがいることが嬉しい
支えてくてくれる人がいることが嬉しい

「ずっとこういう日々が続けばいいのに」
変化を嫌う俺の一部が俺に言う

怪我が治ってきていることが嬉しい
あと一節全力で戦う試合が残っているのが嬉しい

なによりこんな風にサッカーしていることが楽しい

勝って終わりたい
勝って顔を上げて終わりたい


あと一週間で約十三年続いてきた長編が終わる
そのとき俺にとってのサッカーは単なるお話に変わってしまう

4年 DF 田中敏生

0 件のコメント:

コメントを投稿