2012年11月10日土曜日

この前、友達の家でウイ、、、

この前、友達の家でウイニングイレブンをやりました。一人暮らしでプレイステーションを持っていないとなると、ウイイレをやるのはとても久しぶりなわけで、とても楽しませてもらいました。

それにしてもウイイレっておもしろいですよね。自分の好きなチームを選んで、好きなメンバーを選んで、好きなフォーメーションを選択して、、、そして試合をする。
試合の中では自分がスーパースターになったかのようなプレーを連発することができるし、ときには壮絶なドラマも生まれる。

2-3-5とかいう意味のわからないフォーメーションを実行して、それが大はまりすることもあるし、背の高いGKの選手をFWにおいて、ひたすらロングボールをいれて成功することもある、、、

まあ、現実ではできないことができるっていうのも醍醐味の一つですよね。

そしてあの実況・解説ですね。

所詮ゲームですが、とてもアツくなります。まあ、サッカーに関するゲームなのでそうなるものなのでしょう



選手を動かして、点を取るというなかで、やはり重要なことがありました。そう、それは「個の力」です。

ウイイレのなかだったらメンバーを決めるうえで考えないといけないのはもはやそこでしかないのです。


現実のサッカーでは個の力以外にも重要なファクターがあるかもしれませんが、でも、それがポイントとなって、勝負が決するというのは、かなり次元が上のことであって、今の僕のレベルにおいてはとにかく実力をつけることがなにより大事であります。






新チームになって、今、チームが掲げている目標は、「個の力の向上」ということで、以前よりも個に重点を置いた練習が増えました。

また、人数や授業の関係で、今まで上のカテゴリーでやっていた人たちと、また、引退した4年生の方たちと一緒にサッカーをする機会が増えました。



自分でも認めたくありませんが、やはり全然違います。判断・プレー・パス・切り替えのスピードやあたりの強さ、間合い、指示の的確さ、運動量、、、

ホントに挙げたらきりがありません。


そんな人たちやさらにうえの人たちでも、僕たちが目指している「関東」で闘うためには、個の力が足りないわけです。それはずっと言われ続けていることなんですよね。


というわけで個の力、本当に個の力つけないといけません。

連呼しているだけでついたらいいのですが、やはりトレーニングしないと身につきません。

練習、練習と言うだけではだめ、やらないと。

うまい人たちから、少しでも多く盗んでいきます。

フィットもっとあげてきます。




時間は皆平等に与えられている                      1年 DF 河島                                        

0 件のコメント:

コメントを投稿