2012年11月28日水曜日

価値


最近ミーティングも多く必然的にア式という集団について考えることも多かった。
そしてア式という集団は、付加価値の大きい集団だと個人的に思った。
例えば、お金のあるチームとそうではない2チームがリーグ戦を優勝したとする
優勝そのものの価値は変わらないけど、周りが決める評価とか意味合いは異なると思う。
そのデータには残らない何かが付加価値だとすると、やっぱりア式という集団は付加価値の大きい集団である。
でもその付加価値は、最初からあったものではなくて今までたくさんの人が積み上げてきたものであり僕らがさらに積み上げていかなくてはならないものなんだと思う。
その価値を高めるために「日本一愛される集団」というア式の目標があって、投資してもらうのに値する集団になる。

このようなことを感じ、それをふまえて出来ることは
結局目の前にあることを考えて達成していくしかないと思った。


この前家に帰って荷物を思いっきりベッドに置いた瞬間に大きな地震が起きてあせった
二年 釼持


0 件のコメント:

コメントを投稿