2012年11月5日月曜日

本当の敗北とは勝つための努力をやめたとき


投稿遅くなって本当にすいません




幸運なことに家でBSが見れるので、最近ヨーロッパのサッカーを見ることが多い

トップレベルのサッカーを見ていると技術の重要性を感じる

普段、健太郎さんに言われているように体の向きを作って遠い足でどこにでもパスを出せる位置にボールを置く

難しいけれど、ポゼッションの上手いチームのプレーはこれの連続


サッカーの基本の止める、蹴る

今の自分はまだまだ質が低い

もっともっと質高くできないと上に食い込んでいくのは難しい



ダメなところだらけな自分だけど、ひとつずつ少しずつでもそういった部分を改善していかなくちゃいけない


学科が決まり今までに比べると授業に出るようになったり

教習所の期限が迫っていて通い詰めていたり

最近大学に入ってからの中で忙しい時期になっているからといって言い訳にしてはいけない。


それはそれ、サッカーはサッカー。

やるべきことは徹底してやる必要がある




ア式生活の半分近くが経過してしまった

日がたつにつれ、自分の中での焦りが募るばかり

今シーズン、今まで自分はどれだけのことができたのか?

シーズンの初めに立てた個人目標も大して達成できてない。結局は自分に甘いし、そんな自分に腹立つ。

今シーズンは残り2か月。

ひとまず、そこまでできることは全部やって走り抜ける。





いいイメージを持って

そしてそのイメージに自分をできる限り近づけられるように





2年 MF 奥野

0 件のコメント:

コメントを投稿