2012年11月22日木曜日

Le jour de gloire


検見川の朝、霜が降りて銀世界になっている今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
ハロウィンが終わったら急に世間がクリスマスムードになってきましたね。
この一大イベントを前にして学部の友達は別れの季節のようです。
さてア式では…DLDDateDでもなければLLoveLでもないよね。
うん、24日は部室で鍋しましょ



来年も東都1部で戦うことが決まった
関東を目指せる
もちろん今週末に保土ヶ谷で戦いたかった
来年は関東2部で戦いたかった
こればかりは叶わない夢


再来年、後輩たちがスタンド付きの競技場で戦っている姿を見たい
自分たちの代でこれまでの先輩が築き上げたものを形にしたい
これは叶えられる
夢ではない、目標でもない、ノルマだ
最低限のノルマかつ最高の結果
栄光の時を掴み取ろう


来年こそは試合に出たい
なぜ自分の代は2GKがいるんだ
そんなこと何度も思った
でも2人いるから、互いに競争しているから上達する
チームにとっては良いこと、自分にとっては無意味
上達の先にあるものこそ意味がある、つまり結果
全ては結果
ピッチに立ち、勝利することがアスリートの全て
そのために「やれることは全てやる」


今やれること、怪我を治す
来年ピッチに立つために大事な、鍛練期のこの時期に怪我している自分を呪いたい
DLに入っている今、サッカーがしたくてたまらない
これまで何週間も休む怪我をしなかったから、この気持ちを初めて味わった
幸いだいぶ良くなった、まだ取り戻せる
急いてはことを仕損じる、だから逸る気持ちをぐっと堪えて今は休む
完全燃焼するために



最後に一つ
行天が書いていた「行動を起こす」
これは非常に大事なこと
何事も行動しないと、失敗を経験しないと得られないものがある
サッカーにしても仕事にしても、消極的なことをした時に限って後悔する結果が残る
後輩に言いたい
考えろ、チャレンジしろ
今の環境に甘えるな
与えられる前に探せ、やられる前にやれ
後悔しない選択をしろ
積極的な失敗は俺らが処理する
「日本一愛されるクラブ」になろう


実は攻撃の原則の答えが分からない…
3年 GK
植松 黎

0 件のコメント:

コメントを投稿