2013年2月25日月曜日

キラリと光る一番星

「世界一になる理由は何があるんでしょうか?
 2位じゃダメなんでしょうか?」



何年か前にこんな言葉が流行った。
当時の私はただぼんやりと、1位と2位なら1位の方が気持ちいいし嬉しいに決まってるけど、大事なのって順位じゃないよね・・・なんて思っていた。おそらく、過程が大事、とかそんな感じのことを考えていたのだと思う。


でも、今はそうは思わない。
大事なのは結果であり、1番になること。
これに尽きると思う。


日本で1番高い山は?という問いに、ほとんどの日本人は「富士山」と答えることができるだろう。
では、日本で2番目に高い山は?と聞かれて、正しく答えられる人はどれくらいいるだろうか。自分の無知を露呈するようで恥ずかしいけれども、私は答えられなかった。


昨シーズン東京都リーグで優勝したのは明治学院大学である。でも、それ以降の順位を正確に把握している人はどれくらいいるだろうか。2位は農大?立教?4位以降は・・・?


そういうものなのだ。1位と2位の間にはどうあがいても埋められない差がある。本人たちが納得しようがしまいが、そんなの関係ない。一歩外から見てみると、1位以外なんてほとんどみんないっしょ。1位だけが強烈に記憶に残り、人々の心を突き動かす。



グラウンドの中でも、外でも必死にやる。
そして1番になる。絶対的な結果をもって、関東に昇格する。
そうすると、ア式に関心をもってくれる人が増えるだろう。試合の応援にきてくれるかもしれないし、ア式に入りたいから東大を目指そうと思ってくれるかもしれないし、新聞やニュースで大きく取り上げられるかもしれない・・・。
きっと人が、社会が、何かが変わる。


そんなことを夢見ている。
ア式がピッチ内で圧倒的な強さを身につけ、
ピッチの外でも魅力ある集団であるために。
私にしかできないことがあるし、私だからこそできることがある。
そう信じたいお年頃。




さて、夜が明けたら東大入試。
試験の合間にfeelingsを読んでくれているかもしれない
受験生のみなさんにエールを。

take it easy. 今日までの道のりを信じられれば大丈夫。
やりきってください。御殿下で待ってます。





2013.11.24の夜はシャンパンファイトですよ
新4年 小林 三奈美




0 件のコメント:

コメントを投稿