2013年2月27日水曜日

がんばりマツコ


今合宿に向けた宿題である「ア式と自分」を目の前に頭を捻っています。
どの質問も重たくお腹の中をかき回される感じがします。

いつか振り返って読む時のために質問を載せておきます。
Ⅰ.ア式は「勝利」「強さ」を目指す集団。今年は関東昇格を目指す。自分はどうやって貢献するか。
Ⅱ.愛されるクラブとはどのようなクラブ?
Ⅲ.上2つをふまえて「自律」「考える・伝える」がいかなる場面で必要となるか。律しなければならない自分の弱さはどこにあるか。周りに知っていてほしい自分のスタンス、役割はあるか?

どのように貢献するかは入部してからずっと考え続けている事でぼんやりと浮かんではいるのですが、愛されるクラブに関しては中々考えがまとまらないです。
パッと思い浮かぶのはプロスポーツチーム、甲子園やインターハイに定期的に出場する高校。スポーツ以外で考えるとアイドルなんかも愛される集団と言えるかもしれません。ももクロ?でしたっけ?部内でも流行ってるみたいですよ。

共通するのはパフォーマンスのレベルが高い、ということですかね。それこそお金を払ってもいいと思えるくらい。
パフォーマンスが優れていなくても愛される集団というのは思い浮かばないですね。一瞬だけベイスターズがちらつきましたがすぐにベイスターズがプロスポーツチームであることを思い出しました。僕は細山田選手が好きです。


ということは愛されるためにはサッカー上手くなるしかないってことですね。それが前提条件ですから。

少しずつまとまってきたのでもう少し練ってみます、お付き合いいただいてありがとうございました。


大学には部学年というものがあります
新3年 末吉

0 件のコメント:

コメントを投稿