2013年2月23日土曜日

Carpe diem


紀元前1世紀の古代ローマの詩人ホラティウスの詩にこんな言葉があります。
"Carpe diem quam minimum credula postero"

明日のことはできるだけ信用せず、その日の花を摘め

この言葉で「今この瞬間を楽しめ」「今という時を大切に使え」ということを言わんとしているんだとか。また、17世紀の作品でこんな詩の一節もあります。

"Gather ye rosebuds while ye may,
old time is still a flying,
and this same flower that smiles today,
tomorrow will be dying."   (Robert Herrick)

「薔薇のつぼみを摘みなさい あなたが摘める間に
 老いた時の神はいつも慌ただしく飛んでいく
 今日微笑むこの花も
 明日には枯れてしまうだろう」

俺は文学には疎くちゃんとした詩の理解はおそらくできてません。これを書きながら知ったかぶりみたいでつらいなと思いましたが、書き始めてしまったので許してください。この詩も観た映画で出てきたものです。ピンとくる人がいたらお話ししましょう。

毎日の練習をしっかりコツコツやりなさい。一回の練習を無駄にするな。色んな人が言うし、もちろん分かってるし、賛同する。でも、それを自分に言い聞かせているだけだとどこか窮屈に思えることもある。そんな時にこの詩を聞いてなんか楽にこのことを自分に落とし込めた気がしたから、みんなともシェアしたかった。同じようなことをインプットして行動に移すのでも、その言葉が綺麗で豊かな方が心に余裕が出る。疲れていながら今日の練習もしっかりやろうと自分を鼓舞するときに、頭に出てくるのがこわいフィジカルコーチの顔ってのより元気でいれるでしょう?笑

ふざけたことを言うのはおいといて、一日一日の積み上げの大切さをすごくかんじる。今何が足りなくて、どうすればいいのかを常に考えて行動しないと。

より厳しく新体制をスタートさせた。クラブの改革もしている。変化が大きければそれに対応するのはエネルギーがいる。でもそのエネルギーをだしてチームは動けてるはず。変化が大きいってことはそれだけ今が豊かであるってことかもしれない、だからその今を大切に楽しみながら過ごしたい。

その今が未来を作れば未来もいいものになるんじゃないかって考えてわくわくしながら。そう、リラックスリラックス。

Carpe diem



新3年 
MF 榊原和洋

0 件のコメント:

コメントを投稿