2013年3月2日土曜日

片想い

いつかは今よりも
相手にされるかな
そんな夢を捨て切れずに
迷子のまま

恋はどんなふうに
胸から離れるんだっけ
思い出せないくらい
キミが好きだよ
Lily, my sun /the pillowsより


俺は十年来の片想いをしている。
相手は言うまでもなくサッカーである。
光永さん風にいうと
「俺は女のケツじゃなくてボールを追いかけてる」
ということになる。

思えば昔から自他ともに認めるサッカーバカだったし、本気でサッカーボールが恋人みたいなものだった。

台風接近のため全部活動が停止を申し渡される中、「これは部活ではなくて個人的な自主練だから」と訳のわからない屁理屈をこねてボールを蹴ってたら校長室に呼び出されて叱られた小学生の頃。

今のところ人生唯一のモテ期が訪れ、祭り、映画、花火などに誘われるもすべて「サッカーの練習あるから」の一言で断り続けた中学生の頃。(これは結構後悔している)

高校生のころは珍しくオフとなったが誰もいないグラウンドで一人でひたすらゴールキックの練習を続けてすごしたクリスマスイブがあった。

2年続いた浪人時代でも毎日うわごとのように「サッカーしたい、ボール蹴りたい」と言い続けてたし、実際センター試験後に「足切られてないか確認する」みたいなことを言うなどして、何かにかこつけてボールを蹴っていた。

俺の生活のほとんどはサッカーを中心に回ってきたと思う。
しかし、いろんなチームでプレーして、自分よりはるかにうまい人たちをみたり、同じ練習をしていても自分よりどんどんうまくなっていく人を見るにつけ、俺がサッカーを好いているほどサッカーは俺を好いてはいないんだと思うことが多くなった。
それでも、うまくなれなくて辛い思いをすることがあっても俺はサッカーを嫌いになることができなかった。だからいつかは今よりも相手にされる日がくることを信じて日々練習を頑張りたいと思う。

以上、深夜のラブレター風feelings。
明朝起きてから恥ずかしくなるパターンなのは重々承知していますが、まあこのくらいイタイ文章を書いておけば元ア式同クラのS田に
「俺のfeelings結構面白かったやろ?俺文章書くの好きなんだ。お前のはあたりさわりがない微妙な文だったな(笑)」とかいわれちゃって少しいらだつ、みたいなこともないと思うので逡巡することなく公開ボタンをクリックします。


復帰予定が合宿初日のフィットという事実に戦慄している
新二年 FW 池田濯

1 件のコメント:

  1. 初めまして、usuiといいます。何故かTwitterでフォローして頂いてから、こちらのブログ?二度目に見させて頂きました^^;見るたひになんだかいい文章で、そのままサッカー頑張って下さいって言いたくなって、恥ずかしながらコメントしてしまいました。私もホッケー大好きで、高校からやってたから、どんなに遠くても近づきたかったし、辛くても辞めたいなんて一度も思わなかったな、と。って突然失礼しました、長文ごめんなさい。サッカーたのしんで下さいね!素敵な文章ありがとうございましたっ´)ゞ

    返信削除