2013年3月12日火曜日

校了わず…

合宿、合格発表お疲れ様でした。

矢野やサカキの後輩が受かったらしく、正直とても羨ましいです。
僕の後輩も受けたらしいのですが、残念ながら不合格だったらしいです…

僕の母校の早稲田高校は、その名のとおり早稲田大学の系列校で6割くらいのやつは推薦で早稲田大に行ってしまいます。
上2割くらいは国公立受けますが、半分くらいは医学部志望。サッカー部のやつに限れば8割早稲田大、1.5割医学部、のこりが東大東工一橋くらい…
もちろん推薦でも早稲田行けない人もいるけど

これが何を意味するかっていうと、ワセ高のサッカー部で大学でもサッカー続けている人ってほとんどいないってこと。
僕は大学でもサッカー続けてみて、続けて良かったと思っていて、後輩にも大学でもサッカー続けて欲しいと思っている。
だから時間みつけて、年に数回でも高校の部活に顔出して宣伝してきたんだけど、結局自分が現役のうちはダメでした。残念。医学部サッカー部やラクロス行った人はいるけども
やっぱ魅力的に映るほどおれがサッカー上手くないからかなぁ…無念
facebookで高3から友達申請くるくらいには仲良くなったんだけどなぁ

まぁこれからもちょくちょく母校には顔出します。で、勧誘します。
みなさんも高校顔出して、勧誘してみては?
これも立派なア式のリクルーティング活動だし。
まぁ自分は単純に高校の部活が好きで顔出し続けてるってとこも当然あるけど。

さて、しけた話はこれくらいに

突然ですが…
サッカーて人と人とを繋ぐスポーツですよね、ホントに

サッカーを通じて人と出会い、サッカーを通じて人と再会するというのは
サッカーしててよかったなと誰もが思うひとつの場面ですよね。

シンガポール住んでた頃の大親友と、高校の時のサッカーの試合で対戦相手として
再開したり
中高の部活の先輩とア式の試合で再開したり、合宿所で再開したり
中学の時のライバルチームで何度か話したことあるくらいのやつと、ア式の試合で
再開したり、近所でばったりあったり
タカさんとの試合もそうですね

勝負の話とはまた別に、こういうのもサッカーのひとつの魅力だよなぁ、、、と合宿で
そういうこと立て続けにあったので思いました。

何が言いたいかというと

こんな素晴らしいスポーツのサッカーを大学でもやろうぜ!feelingsを読んでる新入生!!

ってことですね。
(はい、この時期よく見られる雑なまとめですね。すみません。でもホントア式でサッカーやりましょう、出会うの楽しみにしてます)


最後に、、、

イヤーブック校了です。。。
やりきった感などまだ何もなく、まだできたことがたくさんあったんじゃないかと思いますが、
あとは刷り上がるのを待つのみに…

協力してくださった、企業やOBの方々、父兄、部員(せいやいてホントに助かった!)の方々
にはひとまずこの場でお礼を。
色々ご迷惑もおかけしましたが、ご協力いただき本当にありがとうございました。

でも実質、仕事はまだ折り返し地点くらい。
まだまだ頑張りましょう。関係者の方々、宜しくお願いいたします。


サッカーの話、全然しませんでしたが、大臣杯、都リーグ開幕迫ってるので
ここからまた頑張っていきましょう。頑張ります

新4年 DF 山川剛




0 件のコメント:

コメントを投稿