2013年4月6日土曜日

新入生のみなさん

入学おめでとうございます。

春休みも終わり、いよいよ授業などで忙しくなる時期だと思いますが、ぜひア式の練習を見学、体験しに来てください。連絡待ってます!!




とうとう3年生になりました。大学生活もいよいよ半分が終わったと考えると、なんだか少し寂しいです。
一年後には引退がちらつき始めると考えると、自分に残された時間の少なさを痛感します。毎日毎日を全力で過ごせているのか、一回一回の練習をどれだけ大切にできているのか、もう一度自分に問い直したいと思います。

そう考えると、残されたフィットも恋しくなってきますね…

嘘です。


最近、節目の時期なだけあって、よく昔のことを振り返るようになりました。

1年生の時は、純粋にサッカーが好きで、楽しくて、ア式の環境に日々感謝しながらサッカーしてました。上手くなりたいという気持ちが自然とあふれてきて、四六時中サッカーのことを考え、そして毎日サッカーをしていました。
秋季の公式戦を応援した後、気持ちが高ぶりすぎて駒沢公園で一人でアジリティーしてたこともありました。なんか恥ずかしいですね。

2年生になったとき、シーズンの頭に健一さんに言われました、「2年生は一番伸びる」。この言葉を聞いたとき、正直とても興奮しました。これから1年間でどれだけ上手くなれるんだろう、これから一年間頑張ろう、と強く思いました。
しかし、実際は、怪我が重なったり、成長しなければいけないというプレッシャーに追われたり、後輩に負けるのは恥ずかしいといった変なプライドを持ってしまって、上手くモチベーションを保てなかった1年でした。また、サッカー面に関しても、あまり成長がなかったように感じました。

そして今年三年になりました。
去年の健一さん曰く、「チームの出来は3年生の出来で決まってくる」。正直、今の自分にトップの公式戦に出るほどの実力がないことは理解しています。ただ、今年少しでもそこに食い込んでいけるように、努力していきたいと思います。
3年生という自覚を持ちつつも、下手なプライドは持たず、常にチャレンジャー的なメンタルでサッカーに臨めたらと思います。1年間頑張ります。

久しぶりにまじめなこと書いた気がする
3年 早川

0 件のコメント:

コメントを投稿