2013年5月10日金曜日

ボンジーア!


先日、入部式がありました。
渋幕から4人もア式に入ってくれたのは本当に嬉しい限りです。
僕という偉大な先輩の存在が彼らの受験勉強のモチベーションであり、心の支えであったことは疑いようがありませんね。
さて、タイトルのボンジーア(Bom dia)ですが、何のことかわかりますか?
ポルトガル語でオハヨウって意味です。監督がブラジル生まれであることや、ブラジル人プレイヤーがいることなどの影響で、高校生活ではポルトガル語がメインでした。
危うく日本語を忘れるところでした。
もちろんサッカーの最中もポルトガル語の嵐。
ということで、今回はサッカーで使えるポルトガル語を紹介します。

サイ
ラインを上げる時の掛け声でサーーーイと大声で叫びます。
詳しい意味は知りませんが、多分“上げる”とかそんな感じの意味だと思います。
とても叫びやすいです。
DFのプレイヤーにおすすめです。

ビラ
これは展開って意味だと思います。
サイドチェンジを要求するときにビーーーーーーラって叫ぶとボールが来ます。
ビラは響きが非常にかっこいいです。

フレンチ、メイオー、アトライス

これは3つまとめて紹介します。
フランス料理屋で冥王がライスを追加注文するなんて意味ではありません。

左から順に、ニア、真ん中、ファーって意味だと思います。
これは非常に使えます。敵がブラジル人でさえなければ、セットプレーはこっちのもんです。
FKやCKの時にフレンチって言えば、敵には何も悟られることなく、仲間はどフリーでニアサイドに飛び込めます。
一種の暗号みたいなものです。

他にも、数字も全てポルトガル語でしたからワンツーはウンドイスだったり、試合残り時間が5分なら、シンコ、シンコと連呼します。

また、練習が終わって足を冷やしたいときなどは、ジェロポルファボール(Gelo por favor)と言って氷をもらいます。

今年の新歓は大成功でした。来年にはきっとブラジル人スタッフも入ってくるので是非とも覚えておきたいですね。

ということで、皆さんもポルトガル語、使ってみませんか?

2年 DF 松木 啓

0 件のコメント:

コメントを投稿