2013年5月20日月曜日

ア式での四年間

こんばんは。なかなか私自身にとってこのような文章をかくことは少々緊張気味でありますが、精一杯かかせていただきます。がんばります。


わたしは正直に話すと高校時代はアメフトやラグビーに興味がありました。そのため大学ではこれらのマネージャーに興味があり、第一志望の大学でその道に進むと思っていました。しかし、第一志望の大学に落ち女子大へ進学することが決まり、入学するまでの時間の合間をぬって必死で他大学をマネージャーとして受け入れて下さる大学を探していたところ東京大学に巡り合いました。


はじめのうちは、サッカーとは無縁だと思いきや、ちょっとした風の噂ででサッカー部のマネージャーの体験のためにいつのまにかグラウンドに足を運んでいました。8割入部する気がなかったわたしを一変させたのは自分自身が働いているということをはっきりと実感できたことにありました。誰かの役に立つために働くというのは綺麗事かもしれませんがわたしにとってそれは気持ちのよい事だと思いました。
たくさんたくさん悩んだ結果、自分自身がマネージャーとして輝ける場所はここだと思い入部を決めました。入部した理由はひとそれぞれで、そのきっかけはほんの少しの興味だったかもしれない。だけれども、本当に自分がア式蹴球部で残せるものが少しでもある自信の持ち主ならば、それはア式にとって必要な人材だと思います。


マネージャー生活もかれこれ一ヶ月が経とうとしています。少しずつ少しずつ慣れてはいるもののまだまだ自分は未熟すぎると改めて実感しております。しかしわたしの強みでもある7年間続けたバレーボールでの経験をマネージャー生活で存分に活かします。はい!!!!!!!



先輩方にはご迷惑をおかけしてしまうことの方が多いかもしれません。でも一年生一丸となって関東昇格に向けて全力疾走で応援したいと思っています。


話したいことはたくさんありますし、立派な文章をかきたい、でも面白いこともかきたいという様々な思いから文章がまとまりません。すみません。本当にすみません。


関東昇格に向けて願晴りましょう



中西さんの応援が個人的に好きです。
1年 秋枝万里依

0 件のコメント:

コメントを投稿