2013年5月4日土曜日

選手インタビュー第一弾 長尾 林太郎

ついに!明日5/5(日)、前期リーグが開幕します。
開幕に当たり、選手インタビュー企画第一弾として4年・主将 長尾選手のインタビューをお送りします。

尚、feelingsでは、不定期に同企画を実施していきます。
是非ご覧ください!

また、メールマガジンでは先行配信を行っております。
登録はこちら↓↓↓
http://www.todai-soccer.com/emag

■ 長尾 林太郎━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥
















 PROFILE ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(ながお りんたろう)暁星高校出身。教養学部文科三類から文学部行動文化科社会学専修に進学。優れた戦術眼、展開力、そして両足から繰り出される長短を織り交ぜたパスはチームの攻撃にリズムを生みだす。豊富な運動量で守備も牽引し、攻守共に中盤を支配する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013年の目標は?

―――主将としてはもちろん関東昇格です。あとは、関東で戦うために、ア式が踏み出さなければいけない一歩を踏み出させるとまではいかなくとも、そのきっかけが最悪失敗例でもいいし、なんらかの刺激になれればと思います。そのためには挑戦すること。失敗も含めてなんでもまずはやってみようと思います。 選手としては、特に最後の年だから、みたいのはなくて、うまくなり続けること。主将になったからと言って選手として小さくまとまらない。それで、結果として、健太郎さん、タカさん(鈴木宏尚前コーチ)、トレーナーさん、お世話になった先輩方など、自分に関わるすべての人に、長尾うまくなったなって思ってもらいたいです。恩返し的な。一応目標としては東京都のベストプイヤーですけど、それを目指す訳じゃなく、努力し続けた結果としてそうなればいいと思います。 


これだけはだれにも負けないものは?

―――楽観的思考でしょうか。物事がうまくいかないと思ったことはないですし、だいたい思った通りになってきたと思います。唯一裏切られるのがサッカー。だからやめられません。


自分が持っているな~と実感することは?

―――なんとなく選んできた道が自分に合っていたと思う。暁星しかり、東大しかり、ア式しかり。環境と仲間に恵まれてきました。


神様が一つだけ願い事をかなえてくれるとしたら?

―――あと5cm身長高くして欲しいです。(笑)


サッカーの魅力は?

―――体が頭より先に動くときが面白いです。もちろん、イメージしたとおりにプレーできたときも良いですけど、イメージを超えた感じと言うか、プレーした後に、俺こんなプレーしたかったんだ、できたんだっていう感じです。イメージがない訳じゃないですけど、そのイメージが漠然としているときに、あー、これがやりたかったんだよって思うことがあります。 言い古されていることだろうけど、足でやるスポーツだから思い通りにいかないってことですかね。だからこそ、うまくいったときの快感がやみつきになるんだと思います。たぶん。他のスポーツやったこと無いけどですが。あとは、他のどんなスポーツに比べてもいろんなタイプの選手が活躍できるところですね。それと似たようなことですが、やりようによって強い相手にも勝つチャンスがかなりあることです。


最後に一言お願いします!

―――いつも応援、ご支援ありがとうございます。今シーズンは春からリーグ戦が始まり、機会も多いので、ぜひ、グラウンドに足を運んで応援してもらえたらと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿