2013年5月26日日曜日

私のはじまり。




こんにちは。
初Feelingsということで緊張していますが、頑張って書かせていただきたいと思います。

1年生スタッフとしてア式に入部してから早くも一か月過ぎようとしています。
中には”まだ一か月!”と思う方もいらっしゃると思いますが、私にとってこの一か月はスタッフの仕事は勿論、先輩方や同期の皆、試合などから学ぶものが多かった気がします。


私の卒業した学校は中高一貫校でした。一時、運動系の部活に入部していましたがすぐに辞めてしまい、友達に誘われた文化系の緩い部活に入って六年間本当にのんびり過ごしてきました。
なので正直、競争心や向上心を常日頃からもち、どんな過酷な状況になっても仲間と支えあって最後までやり抜くといったような経験が周りに比べてあまりありません。お恥ずかしい話です....。
そのこともあり、せっかく新たに始まる大学四年間では何でもいいから何か一つ誇れるものを作ろう、自分を変えるきっかけになるものを作ろうと決めていました。
そんなときにア式に出会いました。

初めて体験に伺ったとき、今まで怠惰な生活を送ってきた自分が本当に情けなくなりました。
自分は六年間何をしてきたんだと。
でもその一方で、自分が誰かのために働いているということにびっくりしました。
自分自身に衝撃を受けたのを今でもはっきりと覚えています。
そして、スタッフの先輩方に目線を移せば先輩方は常に自分たちで選手の練習の先をよんで準備やセッティングをスムーズにこなしていらっしゃいます。
私はスタッフの先輩方の働く姿を見て「自分も誰かのために何かしたい!サポートしていきたい!先輩方のようにここで四年間挑戦していきたい!」と本気で思うようになっていました。
自分を変えるきっかけの場がこのア式だと直感的に感じていたのも事実です。

今は試合も観客席で応援することがほとんどですが、応援時のア式の団結力にはいつも感動しています。今まで経験してきたことが無い分とても新鮮に感じられるからかもしれません。でもその場にいるだけでいつも何か考えさせられます。...うまく言葉では表せませんが.....。



私はまだまだ未熟でスタッフの先輩方、プレイヤーの先輩方、同期の皆さんに迷惑をかけてばっかりいます。
でも早く一人立ちできるように、また3年後自分なりにア式に何か残すことが出来るように一生懸命頑張っていきたいと思っております。


皆さん四年間よろしくお願いします。



1年 鈴木 咲絵子

0 件のコメント:

コメントを投稿