2013年5月19日日曜日

ボールを蹴りたくなるけれども


私の頭の中には、スタッフとしてア式に入るという選択肢はまったくありませんでした。私にとってサッカーは“プレーするもの”だったし、人がやってるのを手伝うだけなんてつまらないだろう。そう思ってました。入部式を終えて3週間たった今、ア式について何も知らないまま大学生活を送ることにならなくてよかったな、と強く思います(一番はじめにきっかけを与えてくれた日下先輩に感謝です)。スタッフの仕事について私が持っていたイメージは、あまりにも不完全で不十分でした。

まず、グラウンドの仕事について。昔のサッカー仲間に、今大学でスタッフをやっていると言うと、「それって水汲みとかでしょ?やってて面白くないよね」という人が時々います。私も初めはそういうイメージを持っていて、少し抵抗がありました。実際にやってみて気付いたのは、それほど単純な仕事ではないということ。ボトル1つ置くにしても、位置・タイミングには気を使わないといけません。十分に準備をして、次に何が始まるのか考えていないと、邪魔になってしまったり、時間をつかったりしてしまいます。練習に行って先輩を見ていると、いかに自分が何も考えずに立っていたかに気付かされます。

次に、仕事の多様さについて。上でも少し触れましたが、最初はスタッフの仕事=グラウンドの仕事をイメージしていました。でも私が入部するきっかけとなった1つにデータの仕事があるし、周りを見渡すとまだまだたくさんの仕事があります。イヤーブック然り、サッカースクール然り…。決して長くはない私のサッカーキャリアですが、どこかこれを生かせる場所があるような気がして、とてもわくわくします。

最後に、データの仕事について。ここでも、今まで自分がどれほどぼんやりサッカーを見ていたかに気付かされました。ピッチサイドで見てるのにオフザボールの動きとか全然見られてなかったし、カウントするにしてもただ数えるだけで、一つ一つのプレーに注目できてなかったんですね。これからは素晴らしい環境でサッカーを見ることができるので、深い見方ができるようになりたいです。

まずはたくさん先輩方の真似をして、仕事を覚えていきたいです。それと同時に思うのは、気付いたことを生かせるようにしていきたいということ。組織に新しい人間が入ってくる時には、それまで安定していたものをいろいろ変える必要が生じてしまいます。お互い慣れるまで不都合なことがあるかもしれません。でも、このタイミングというのは、新しいアイデアが生まれやすい時期でもあると思います。ピッチサイドでも部室でも、気付いたことを無駄にしない。そうやって、少しでもチームに貢献できたらいいなと思います。

 
タピオカたくさん買っていただきありがとうございました
1年 大多和愛

0 件のコメント:

コメントを投稿