2013年6月27日木曜日

先日、

日本はコンフェデレーションズカップのグループリーグで敗退した。前評判は悪かったものの、多くの人は心のどこかで一勝くらいはできるのではないかと思っていたのではないだろうか。相手はブラジル、イタリア、メキシコ、といずれも実力と伝統のあるチームだっただけに、この一勝くらいしてくれ、というサポーターの影での祈りは相当なプレッシャーだったと思う。
結果は三戦全敗で、それだけ見れば来年のW杯へ向けて不安しか残らない。選手たちは口をそろえて「個の実力アップが必要」といっていて、このことからもいかに世界との実力差があったかがわかると思う。

そんな中で監督解任を訴えるマスコミ関係者もいたが、個人的には見当違いだと感じた。幸いW杯まではあと1年あるので、この悔しさを忘れず、W杯でリベンジできるようにレベルアップしてほしいと感じた。

なぜこんな日本代表について書いたかというと、日本代表の境遇が、ア式と少し似ていると感じたからだ。
ア式も関東昇格という目標に向けて厳しい状況ではあるが、現在の状況を憂うのではなく、関東昇格には何が必要なのか、全員が逆算して行動していければ良いのではないかと思う。毎日毎日一人一人がレベルアップすれば越えられない壁じゃない。


と真面目なことを書いてみました。がらにあってません。どうも、はやかわです。

もうすぐ進振りの時期ですね。僕は工学部物理工学科(通称物工)なのですが、物理に興味ある1,2年生はぜひ考えてみてください。
ちなみに教授の先生方との昼食会で「俺は人工知能を作るんだぜ(ドヤーー)」と言い放ち、教授たちに「今年の3年生は意識が高いね」と言わせしめたア式のエース角田くんも物工です(実際は物工では人工知能は取り扱ってないので注意してください)。

あれ、これ言っちゃいけないやつだっけ?笑


早くけが直して復帰できるように頑張ります
サッカー頑張ります
単位落とさないよう頑張ります
学科の友達と仲良くできるよう頑張ります
つのと仲良くできるよう頑張ります
あ、あと、荒井も

3年早川

0 件のコメント:

コメントを投稿