2013年6月19日水曜日

Laughing,Stranding,Standing


セスク曰く、

「フットボールでは、いいプレーをしなければ評価されない一方、大したプレーをしなくても勝てるときもあるが、
僕達はピッチの上で最大限の力を発揮することだけに集中しなければならない」

だそうです

健太郎さん曰く

「いいプレーをした時が本当の実力」

なのです




 
セスク然り、本田然り、プロ選手のインタビューには
説得力があるというか、重々しさを感じます


 
思うに、それは全て責任感からくる言葉の力ではないかと

プロ選手であればサッカーを職業にしていること
代表選手であれば国を背負っているということ

そこから生じる責任とかプレッシャーすらも
力に変えてしまうのがプロフェッショナルの偉大なところです


 
 

また本田圭佑は本当にメンタル強いと
メディアからもチームメートから言われています
 
メンタルの場合はそこに加え

勝ちたい気持ち
サポーターの声援
自分たちへの確信
人を含む周囲の環境への感謝

そういったものが軸になって90分折れないメンタルを形成している
そんな気がします


 
本田の自己信頼感とか代表への誇りなんかは
誰一人並べないほど強い

ただ1つ1つが弱くても
1つでも多く、1種類でも多くの要素を集めれば
ブレにくいメンタルの軸が作れるのではないでしょうか





試しにサッカー変えてみました、は難しい話ですが

試しにサッカー以外のところ変えてみる、なら有りだと思います.


要素は人それぞれでいいと思います
試しに、考えてみてください.











以上、真面目パートでした。


以降は読み飛ばしてもらって結構です
せっかく書いたからどーしても載せたかったので



 

ということで皆さんに不朽の名作


『水曜どうでしょう』


を紹介します。




簡単に説明すると近年露出の多くなってきた天パ俳優・大泉洋さん含む
4人のおっさんたちが車中でただひたすらガヤガヤしながら旅をする番組です。

あんまり皆さん暇でもないと思うのでとりあえずおすすめをあげると


 
.シェフ大泉・クリスマスパーティー
 30分一本で手軽に楽しめる回。
たまにゲスト登場する安田さんも出てるので顔ぶれと雰囲気理解するのにはちょうどいいです。

2.サイコロの旅シリーズ
 代表的企画で1から6までありますが個々で完結しているのでそれぞれで楽しめます。
ちなみにサイコロ2で訪れる宿毛市っていう街が僕の故郷だったりします。田舎です。笑

.対決列島
 日本全国をバカみたいに早食い対決しながら縦断するバカ企画です.
結構長いんで時間はかかるけど個人的には一番好きです。



2で出会って以来、何周見たか分かりません
今回はこれくらいにしておきますが、まだいくらでもあるので気になる方はまた改めて.






間隔が一週間しかないリーグ戦

勝とうが負けようが次の試合に100%切り替えないといけない

分かってるけどいまいち切り替えられない
 
そんな事もあると思います


 
そういうとき、ただ笑ってみるのはどうか
一つの提案です


 
友達と食事行くでも
あまり行かないところへ出かけてみるでも

なんでもいいので、今一度自分のリフレッシュ法を探してみてはいかがでしょうか

大学生活始まったばかりの1年生も探してみてください



 
長く読みづらくてすいません





前期残り3戦、骨のある相手との試合が続きます

 

セスクにしろ健太郎さんにしろ

大切なのは


「最大限の力をいかに発揮するか」



持てるもの全て国学院のピッチにおいてこよう





 
いつか「閑話休題」を使いこなしてみたい
3年 DF 濱田

0 件のコメント:

コメントを投稿