2013年9月28日土曜日

勝たねば

福島伸一さんの著書『動的平衡』で、「タンパク質の合成と分解との動的な平衡状態が「生きている」ということであり、生命とはそのバランスの上に成り立つ「効果」である」と述べている。東大ア式もひとつの生命体とみなすと、自分もひとつの細胞であり、代謝によってそろそろ入れ替わろうとしている。最後までその生命体の中での使命を全うし、自分が受け継いできたDNAを上書きして残していかなければならない。そんなことを考える時期になってしまった。


話は変わり、残る5試合どうするか。

やるしかねーんだよ、俺たちは   by 行天

ごちゃごちゃと言っても、結局はやるしかない。

白黒がはっきりと決まるこの世界でその結果だけを追い求めてきたからこそ、結果の黒さ加減にはうんざりしてる。自信は少なからずあったからこんなはずじゃなかったと感じる部分が大きい。自分のパフォーマンスに関しても。

「白と黒のその間には無限の色が広がっている」

とミスチルの桜井さんが仰る通り、たしかに結果以外にも様々な色があるけど、黒く塗り潰されたら全てが否定されるだけ。多くの人を落胆させてしまった分をここから少しでも取り戻す。このままでは終われない。

あと5試合、チームメイト、健太郎さん、OBの方々、親、自分、やめていったチームメイト、その他今まで関わった人たちのためにも、色んなものを背負って戦って勝ちたい

やられたら、やりかえす
ぜってぇ負けんじゃねーぞ
4年  賀茂

0 件のコメント:

コメントを投稿