2013年10月3日木曜日

前へ進め

どうも、浅井です。
最初にことわっておくと、この投稿はコーチとしての分析でも、OBの説教でもアドバイスでもありません。
同じチームの一員の一つの考えだと思って読んでください。
ただし、真剣に悩んでひねり出した俺なりの考えです。

とにかく何か変えなければならない。

これは真。結果が示してる。後期0勝1分け4敗。
このままで良いはずがない。何かを変えなければ降格する。
降格すると、一生重荷を背負うことになる。関東リーグでプレーするという夢をこの時点で絶たれる選手もいる。
試合に出たメンバーは反省すべきだ。同時に、試合に出なかったメンバーも等しく反省すべきだ。もちろん、それには僕、コーチ陣も含まれる。


じゃあ次どうするか
これをやれば絶対勝てる、一気にチームが良くなる、なんて方法はない。そんなんあったら、とっくにやってる。ミーティングで出てるはずた。
僕は、試合後にも言ったけど、アクションを起こす、ということが何よりもまず重要だと考える。
アクションとは意志を宿した行動だ。現状を打ち破るために、人類は常にアクションを起こしてきた。坂本龍馬も、ガンジーも、スティーブジョブスも、そして久木田紳吾も、自発的に能動的にそれまでとは違った行動を起こし、絶対こうするんだと自分に他人に言い聞かせ、現状を変えてきた。彼らはもとからそういうポジションにいたのか。そういう才能があったのか。違う。彼らはアクションを起こしただけだ。自分の強い意志を、現状を変えてやるという意志を、明確に行動で示したのだと思う。


じゃあ誰がアクションを起こすのか

主将だろうか。コーチだろうか。いいや、全員だ。
スタメンはもちろん、ベンチも、応援も、マネージャーも、コーチも、チームの全員がアクションを起こす。
東経戦、みんな普通に最後まで応援していたけど、それがほんとに自分の意志から出た行動だっただろうか?
罵声を浴びてもおかしくない内容だったと思う。そんなプレーじゃ応援できない、俺が出た方がまし、そういう意思表示も一つのアクションだと僕は思う。チームが分裂すれば良いとかは全く思ってないが、ほんとに勝ちたいという思いから出た行動なら、それは選手の心に響くと思う。少なくとも、「そう決まっているから」という理由でする応援よりは。試合に出る出ないに関わらず、1人1人が、勝ちたいんだという意思を明確に示さなくてはいけない。
俺はサッカーが下手だから。Cチームだから。一年生だから。マネージャーにできることは限られてて・・・。
そんな言葉とともに一歩引いているような印象を受けるけど、そんな事言ってる場合ですか?
ただの言い訳じゃないですか?責任を被りたくないだけじゃないですか?
下手だから、負け続けて降格するのを黙って見てるんですか?マネージャーだから選手のやることには口出さないんですか?
マザーテレサは「なぜそれをやるのはあなたでなくてはいけないんですか」と聞かれたとき、
「むしろなぜ私だけがそれを免れ得るのか。」と答えたと聞くが、そういうことだ。
誰もが等しくチームの一員であり、今、勝利のために行動を起こさなければいけない。


じゃあ何をやるか

何でもいい、そこに絶対に勝つんだという意志があるなら。
ただし、目に見える形で。
「あえて言わないけど、俺はこうやればいいのになって思うんです。」とか
「俺は陰で実はこんな努力してるぜ。」とか
「皆の前では能天気にふるまってるけど、実はこんな深く考えてる俺かっこいい」
みたいなやつは、まじで要らない。
帝京に勝つために、俺はこうする。私はこうする。小さなことでもいい。自分でわからなければ聞いてみればいい。
それも一つのアクションだ。とにかく、目に見える、行動でしめしてほしい。
そしてそれを見逃さないで欲しい。自分の、チームメイトの、一つ一つの行動の意味を、もう一度よく見て欲しい。
部室でどういう発言をし、どんな表情でグラウンドに行き、どんな準備をし、ミーティングで何を言うのか。
フィットでどれだけ追い込み、プレー中にどれだけ声をだすのか。守備でどれだけ寄せるのか、パスの要求に、絶対自分が決めてやるという気持ちがどれだけあるか。ボトルの水も、ボールの空気圧も、ゴミ拾いも、全て。
そこに意志があるか。
そして、アクションにはリアクションで応えて欲しい。
「それ、本当に勝ちに向かってる?」とか
「確かに、それ大事だわ。」とか
そして勝ちにつながると思えたなら、進んで支持するべきだ。
どんなに追い込まれても自分の武器を信じて抜きにかかるやつ、
ファールでしょ、と呆れるくらい練習から激しく削りに来るやつ、
下手でも、リポジションと切り替えだけは絶対さぼらないやつ、
試合前日に部室を掃除するやつ、
早めに来てグラウンドを完璧の状態にするやつ、
暗くなってるやつを飯に誘うやつ、
いろいろいると思うけど、
そこに絶対に勝つという意志が見えて、あなたがそれに共感できたなら
そいつの背中を押してやることも重要だ。お前はそれでいいんだと。
今お前がやってることは間違いなくチームの勝ちにつながっていると。
本人は案外不安だったりするものだから。


帝京に勝つ

我らが主将が出場停止ということで、チームの底力が試される局面ではあるが、
冷静に考えて、勝てないはずがない。
負けるはずがないと言い切るほど楽観的な現状認識はしていないが、勝てないはずはない。
ただでさえ何が起こるかわからないサッカー、ましてや東京都1部。
チーム全員が絶対に勝つという意志のもと行動すれば、結果はいくらでも変わるはずだ。
精神論と言われるかもしれないが、僕は意志の力を信じているだけだ。
意志のあるところに道は拓ける。


この投稿も一つのアクション
OBコーチ
浅井淳平





0 件のコメント:

コメントを投稿