2013年11月11日月曜日

苦しいときは伸びるとき

高校時代、終わりの見えない罰走中にある先輩が叫んだ言葉です。




罰走が長くきつすぎて、よくみんな訳のわからないことを叫び出して名言が生まれたりしていましたが、その中で唯一覚えている言葉で、気に入っています。




「苦しいとき」は「上手くいかないとき」や「きついとき」など色々と置き換えることができると思いますが、そういう時期こそ成長することができるという文字通りの単純な言葉です。




僕は人も組織も程度の差はあれ、挫折のように必ず「うまくいかない時期」がやってくるものだと思っています。その時の対応として、大別して「やめる」と「もがく」の二つにわけることができると思いますが、「もがく」ことそして原因を分析してどう「もがく」かがその後の成長に欠かせないと思っています。






上手くいかない時期にどう過ごすか、それが大事なんじゃないのか






と、塾講師や家庭教師のアルバイトをして子供たちと話していて思いました。最近の子供たちは、上手くいかないとすぐ環境を変えたがります。挫折の耐性がないですね、けしからんです笑




正直苦しい時期ですがfeelingsで書いたからには、有言実行でリハビリ頑張ります。


ジュビロがJ2落ちてしまったので京都サンガの昇格願う 3年 卓間 昭憲 

0 件のコメント:

コメントを投稿