2013年12月20日金曜日

再びこの時期がやってきた

こんばんは。いよいよ2013年もあとわずか。

来週からは一年ぶりの長期オフですね。一か月のオフは2年生の自分も初めてなので、したいことが次から次へと浮かんできます。まぁ案外一か月なんて短くて、そのうち半分も消化できないのでしょうが。


この一年、特に四月からの9か月間を振り返って、自分は何を成し得たのだろうか。9か月という長い時間に見合った積み重ねをすることができたのだろうか。正直よくわからない。

では、せめて何かブレずにやりとおしたこと・やりぬいたことはあっただろうか。多分ないと思う。よく言えば試行錯誤、悪く言えばブレまくりの9か月間だったと思う。
目に見える進歩や結果が得られない中でブレずにやり通すことは勇気の要ることだし、それができるのはほんの一握りの人間だ。また、そのようなやり方は自分には分不相応だし、そもそも性に合わないと思う。

こないだNHKの番組内で、野球のイチロー選手がこんな趣旨のことを言っていた。

「うまくいっていない時は、これまで自分が続けていたことを変えたり放棄したりしてしまいたくなる。だけどそれは自分への裏切りだし、自分を見てくれている人を失望させることだから、絶対にしない。すごく辛いけども」

多分、イチロー選手は自分が続けてきたことを正しいと信じきれているからこそブレずにやり通せるのだと思う。結果がついてこようがなかろうが、正しいと信じきれる精神力は常人ならざるものだ。
今の自分にはそのような精神力はないし、この先も多分そうだろう。目先の結果に一喜一憂して、そのたびに試行錯誤して、その繰り返し。
つくづく小物だなぁ、と実感する。でも案外、小物っぷりも板につけば大きな結果が得られるかもしれない、などと思いはじめた今日この頃。



さて、話は変わって引退について。
もうだいぶ前のことになってしまうけど、4年生の先輩方が引退した。
最終節の試合後集合では号泣する人もいれば、どこか達成感を感じているような人もいて、その表情は様々だった。

自分はア式を引退する時、どんな表情をしているだろうか。
小中高それぞれの引退に関していうと、どの時も泣いていた。理由は多分すごく単純で、最後に負けて終わったからだと思う。

結果を求めてサッカーをしている以上、勝って終われば笑えるし、負けて終われば泣くしかない。
その意味では中学・高校サッカーはすごくシビアだと思う。なにせ何千校のうち一校しか笑って引退できないのだから。
そう考えると、ア式を笑って引退するのはまだ楽かもしれない。関東昇格だって、全国制覇に比べれば小さい、小さい。


現状、関東昇格が自分にとってどれほど大きな目標かもわかった上で、それでもその実現を夢想せずにはいられない。サッカー人生の最後くらい、笑って引退したいもの。




今年感じたことは全部今年のうちに書いておこうと思ったら、なんだかとりとめのない文章になってしまいました。すみません。

少し早い気もしますが、よいお年を。


来年こそは試合出ます。
2年 GK 金瀬


2013年12月18日水曜日

私の原点


私がサッカーを好きになったのは2009923日に国立競技場で行われた

ACL 準々決勝 川崎フロンターレvs名古屋グランパス の試合を両親と観戦してからである。

何を隠そう、私は川崎フロンターレファンである。

興味がないこの時も、川崎フロンターレを応援していた。

前半、先制され01のまま終わった。

後半が始まるが、なかなか点が入らず

迎えた後半15分、フロンターレ側にFKのチャンスが来た。

審判の笛が鳴り緊張感が国立競技場に漂っていた。

キッカーは中村憲剛。

憲剛の蹴ったボールは、ゴールを揺らした。

その時の国立競技場の緊張感がほどけた雰囲気に鳥肌がたった。今でもその時に感じた、何とも言えない感情を忘れていない。

試合は1点目のゴールの直後また点が入り、フロンターレ逆転勝利をした。

本当に感動した。サッカーって素晴らしいと感じた。

そう、この試合が私のサッカーの原点。

この試合から私はサッカーが好きになった。

 

サッカーを観れば観るほど、サッカーについてもっと知りたいと思うし、どんどん好きになる。

今、ア式に所属していて学連にも参加させてもらえて、違う観点からサッカーを知ることができる環境にいることがとても幸せに感じる。

どの試合でも、やっぱりゴールが入れば鳥肌がたち感動する。

初めて感じた何とも言えない感情がよみがえる。

 

本当にサッカーって素晴らしい。

もっともっとたくさんの人にサッカーの素晴らしさを知ってもらいたい。

そんなことをふと感じた。

 

来年絶対、ユニホームもらうぞ!
1年 スタッフ 長谷川 のぞみ

2013年12月15日日曜日

ちょ、待てよ!


2013年
残り2週間ですと!!!

光陰矢の如し
Time flies.

なんで異国で同じ諺があるのかずっと不思議だったんですけど、納得しました。

そら、できますわ。
みんな感じてますもん。

ちょっと前までは1月前、3ヶ月前と思ってたクリスマスがなんと9日後!
今年も安定のサビシマスになりそうです。

バラ色の大学生活を思い描いてた高校の頃の自分を一括したい。
そんなもんあるわけねぇだろ!

ふぅ。

落ち着きましょう。

整理しましょう。

ゆーご
 散髪が楽しみ
たつや
 失笑のマエストロ
かとぅー
 かとぅー!
輕部
 テンションの赴くままに
じゅん
 やかましい
かりぶ
 めばちこ(ものもらい)
新見
 最近怒りやすいので注意
てけ
 偉い
ひで
 かわいい
こうき
 なんかおかしい
とみー
 富山でーす!はもう使えない。
長久保
 ぼっくすおんざびーち!
中間
 オジリティ
ひらやん
 えーと、お金。
蛭田
 仏
ふー、ぷー、ぱう
 AGO
藤木
 自由が服をきております。
いくや
 みんな大好きやまっさん
よしおか
 ヤンキー

辛い時期もありましたが、
やっぱり仲間がいて、
毎日顔を合わせるってだけで救われてる部分があります。
ちょっとだけ。
これからもよろしくお願いします。

今年も残り16日!
ラストスパート頑張りましょう!

楽しい都 恋の都 夢のパラダイスよ 華の東大
来年こそは実現させる!
1年 下村

2013年12月14日土曜日

嫌い

「嫌いはいけない。苦手はいいけど嫌いはだめ。嫌いは可能性を摘む言葉。」


これは僕が高校1年生の時に生物の先生から言われた言葉です。
友達と生物の話をしていたとき、僕が「生物の○○の分野嫌いだな」と言ったところ、たまたま通りかかった先生が耳にして、一言だけ言って去って行きました。その時は何気なく聞き流していましたが、その後、ふとこの言葉を思い出し、それ以来自分の中でこの言葉を大事にしています。

先生の真意はわかりませんが、この言葉を自分なりに解釈すると、これは物事に対する態度について言っているのではないかと思います。つまり、「嫌い」というのは課題に背を向けてしまっている状態であり、「苦手」というのは課題に正面から立ち向かっている状態(少なくとも背を向けてはいない状態)だということです。乗り越えられる可能性が低い壁も、立ち向かい続ければいつかは乗り越えられるかもしれませんが、背を向けてしまっては乗り越えられることは絶対にありません。それゆえ、「嫌い」という言葉は「可能性を摘む言葉」なのだと僕は考えています。

さて、このことは勉強に限らず、スポーツや人間関係など、様々な場面に当てはまることだと思います。「○○さん嫌いだな」と言ってしまったら、おそらくその人とは自然と距離ができてしまい、理解し合えることはない。それに対して、「○○さん苦手だな」と言った場合には(好ましい状況ではないかもしれませんが)、相手を受け入れようという努力は感じられると僕は思います。

そうはいっても、単に言葉の問題だと思われる方も多いかもしれません。
ですが、言葉の問題というのは意外に重要だと僕は思っています。

先日受けた授業で、「制度は本質的には言語である」というようなことを教授が言っていました。きちんと説明しないと誤解を招きそうですが、言語の中に内在する思考の枠組みが、その言語を使用する人間の考え方を規定するというような意味合いだったと思います。

話が少し大きくなってしまいましたが、要するに、自分が使う言葉は、思っている以上に自分の考え方に影響を与えているということです。そして、言葉と態度を結び付けて、周囲の人は自分を判断するわけです。ですから、安易な発言によって自分を判断されないように気を付けなければいけません。

僕自身、部内では、最上級生になりました。最近は、部の内外において、自分が発する言葉が周囲にどのような印象を与えているか、そういうところにもより一層気を配る必要があると感じています。

3年MF 三浦章太

2013年12月9日月曜日

夏の水汲みはとても気持ちが良いものでしたが、今は真逆でこんなに寒いものかと感じます。
冬が来ちゃったんだなー。一年生も終わってしまうんだなーって。

四年生の先輩方が引退してから早、二か月近くになりますが、未だにまだ寂しいです。
なので、練習や試合で先輩方を見かけると本当に嬉しく思います。

グラウンドの仕事も一年生だけでまわる機会も増え、徐々に慣れ始めてきました。
一方で、グラウンド以外の仕事も任されることが増え、学年が上がるときが近づいてきたのだなぁと不安と焦りを感じます。足を引っ張らないように頑張っていくので先輩方宜しくお願いします。

新人戦、本当に楽しかったです!
本当にお疲れ様でした。
1,2年生が中心ということで準備等で緊張していましたが、試合の後は只々感動でした!
本当に有難うございました
来年の新人戦も楽しみです!

最後に、一部残留で本当に良かったです。
これからも頑張っていきます。


1年 スタッフ 鈴木 咲絵子

2013年12月6日金曜日

ヴィッセル神戸J1昇格

毎年がっかりすることがある。


THE MANZAIの決勝戦。あまりにもみんな見てない。


高校の時は一週間くらい前からクラスではその話題でもちきりだった(その頃はM1グランプリ)。優勝予想はあたりまえ、敗者復活でくるコンビ予想や順位予想までしてた。

決勝戦の次の日は「あのコンビはやっぱり面白かった!」とか「あいつらもうちょい点高くてよくね?」とか「あいつらもっとやれるのに・・」とかみんなでわいわいもりあがり、決勝で使われたツッコミとかを強引に使ってみたりしたもんだ。


しかしここ二年次の日部室にいって「ザマンザイ見た?」って聞いても「誰勝ったの?」「いつあったの?」「へぇ、面白かったんだ~」などなど冷たい反応多数。


そして一緒に盛り上がっていた宮川さんや大島さんはもういない。


ということで今年は事前に告知しときます。
12月15日(日)19:00~21:39 フジテレビですね。録画してみましょう。


そしてその次の火曜日でみんなでもりあがりましょう!



せっかくなので優勝予想でもしときます。興味ない人は読まなくて大丈夫です。


Aグループがレイザーラモン、チーモンチョーチュウ、オジンオズボーン、千鳥。

Bグループが学天即、風藤松原、銀シャリ、ウーマンラッシュアワー。

Cグループが天竺鼠、NON STYLE、東京ダイナマイト。あとは敗者復活でひと組。

Aグループは個人的にはオジンオズボーンが好きなのできてほしいところですが、チーモンチョウチュウか千鳥がくる気がします。千鳥は好きじゃないけど笑。レイザーラモンはよくわからないです・・・

Bグループはウーマンラッシュアワーが順当にいけばきそうです。風藤松原にも注目。

CグループはやっぱりNON STYLEですかね。天竺鼠も気になりますが・・。もし敗者復活で磁石が上がってきたら怖い存在です。


ということで決勝の決勝に残るのは
チーモンチョウチュウ・ウーマンラッシュアワー・NON STYLEと予想。


そしてズバリ優勝するのは・・・NON STYLEです!

3年前のパンクブーブーは的中させました笑。自信はないです。

硬すぎる予想ですね笑。裏予想は風藤松原とオジンオズボーンでお願いします。

興味ある人はぜひ話しかけにきてください。大歓迎です。


そんなことはおいといて

ここ最近特にサッカーが楽しい。楽しいときは調子のいいとき。調子のいいときは楽しいとき。これは絶対にある相関関係だと思う。残り一年のサッカー人生。全力で楽しんでいきたい。

もちろん試合出る。点取る。活躍する。


以上




書かない人より書いた駄作。
3年 点取り屋(必ず)  松田裕生




PS:まじで新人戦応援してるよ

2013年12月4日水曜日

わくわく

オフ明けから始動した新人戦チーム。この1ヶ月、ずっとドキドキワクワクしてた。

同期が頑張る姿をみて、自分たちには何が出来るんだろうなってずっと考えていた1ヶ月でした。

そして結局考えついたのは、直接勝利に貢献することは出来ないなって。
自分がア式のためにやりたいと思ったことをやっていくしかないなって。
私の単細胞な頭ではこんな単純で当たり前なことしか思いつきませんでした(笑)

それでも一番に思うのは、ア式が好きだし皆に勝ってほしい。
選手が本気なら、こちらだって本気です。
……ってまた当たり前なこと。

ついこの間まで1年生だったのに、ア式での時間も折り返し地点。
来年の今頃は幹部代。

自分が1年だった時の3,4年生の背中は大きかった。
自分たちは後輩にとってどんな存在になれるんだろう…何か残せるのかな。
もっともっとスタッフを良いものにしたいな。


よし。


帝京倒せ!!
2年スタッフ 奥田紗季