2014年2月9日日曜日

雪とはかけ離れた生活を送っている
私にとって、やはり雪は新鮮なもの。

絵本に書いてある雪は
まっしろで、綺麗で
人間が上から
踏んづけても、黒くならず、溶けず
ずっと綺麗なままで、
雪だるまも丸くて白くて、マフラーが綺麗に巻かれててすごく可愛い。

でも、現実の雪は違う。
綺麗な雪の状態で残っているのは
ほんの少し。
すぐにべちゃべちゃになるし
黒ずんでくるし、歩くのは大変だし
予定が色々変更になる。
雪だるまも、グレーで少し四角くて
目は、ペットボトルの蓋。(私が見たものは)
正直あまり可愛くない。(中には可愛いものもあるが…)


理想と現実。
やはり違う。


自分の意見も大事だけど
人の意見もしっかりと
きく。


一歩一歩
着実に進んでいきたい。


毎回文章を書いているとき
どうすれば文章力上がるのか?と思うがやはり難しい。

松田美晴

0 件のコメント:

コメントを投稿