2014年4月26日土曜日

現れる?現れますよ、現れます。

では
普通のことってなんだろう。
当たり前の、、基準で、、やらなきゃいけない、、

そう
やらなきゃいけないこと。みんながやってくれるだろうと思ってること。それが普通なこと。普通に普通なことをする。それが普通なこと。
なんもすごくない、普通なこと。

じゃあ
「とんでもねえやつ」ってどんなやつ。
いつどんな時の誰が思い浮かびましたかね。うまいやつ?強いやつ?がんばるやつ?

みんなそりゃあ調子がいい時はトラップだってここ!ってとこに置けるし、からだはキレるし、なんだか動ける。
みんなそりゃあ調子が悪い時はトラップだってそこ?!ってとこに置くし、からだは重い重い、もう動けません。

だからみんな別に、「今うまいやつ、強いやつ、がんばるやつタイムでーす」ってときはあるんでしょう。でも、それは「とんでもねえやつ」ではない。

「とんでもねえやつ」ってだれだ?
なにか共通点ありますかね。
こんなのはどうでしょうか。
きっと
それは、
絶対にやってくれ!ここでやらなきゃいつやるんだよ!!
ってときに「普通なこと」をやってくれるやつ。

そう
調子がわるかろーが、
足がいたかろーが、
雨がふってよーが、
やべえ星さん見てる緊張してよーが、
相手がだれだろーが、
自分がどうだろーが、
関係なく。

ハードルの高いみんなの期待をぴょんっと越えてくる、そんなやつ。
そんなときに、ひょっこり「とんでもねえやつ」は現れる。

過去にも自分の目の前に現れた。

……二年前の大臣杯三位決定戦。頼む!やってくれ!延長戦に決勝ゴールを奪った「とんでもねえやつ」。

……いつかのvs浦安SC。激闘に終止符を打ち、おれと中西の鳥肌をビンビンにしやがった「とんでもねえやつ」。

……二年前の秋季。走れ走れ、と応援席で言うだけのおれの目の前で、本当に90分間全力切り替え&ダッシュをしているヒゲを生やした「とんでもねえやつ」。


その度に焦った。自分ではなくて、目の前の誰かがひょっこり現れた「そいつ」になることに。いつ自分は「そいつ」として現れることができるのだろうか。そんな機会が奪われるようにすら感じる。歓喜する気持ちの裏では。
化けの皮をかぶった「普通なこと」を普通にやりてえ!!
いつもは優し顔してるのに怖い顔した「普通なこと」を普通にやりてえ!!

「とんでもねえやつ」は何度も現れる。何度だって期待をぴょんっと越えてくる。
いや今度は
何度だって現れてみせる。何度だってぴょんっと越えてみせる。

もうすぐ復帰するからひょっこり現れる準備しとけよ、「とんでもねえやつ」

3年FW 増田貴行

0 件のコメント:

コメントを投稿