2014年4月27日日曜日

We're gonna win the league !

ここ数週間どうも平日になると落ち着かない。ちょっと時間があればスマホで情報収集。
ケガ人は出てないか…
監督のコメントは…
相手の調子は…
そして週末に向けて徐々に気持ちが高ぶってくる。歌い出さずにはいられない。
だってこんなシーズン何年ぶりだろう。

そう僕は生粋のリバプールファン、 KOP なのである。
リバプールとはイングランド随一の名門クラブでリーグ優勝18回、ヨーロッパ制覇5回を誇る世界の強豪である… あったというべきなのかもしれない。2005年にヨーロッパ制覇を果たしているもののリーグでは24年もの間優勝がなく、最後に優勝争いに絡めたのも5シーズン前のことになる。ここ数年はCLにも出れず、そうこうしているうちにオイルマネーによってプレミアの勢力図も大きく変わってしまった。

そんなチームが今名だたる強豪を抑えリーグテーブルのトップに立っているのだ。
残り3試合全勝すれば優勝だ!ついにスティービーがカップを掲げる姿が見れる!
否が応にもテンションが上がってくるというものです。
みなさんあと数週間、僕が部室でyou'll never walk aloneやfields of anfieldを口ずさんでいてもどうか冷たい眼差しでみないでください。


ところでよくなんでリバプール好きなの?と聞かれることがある。

僕とリバプールとの出会いは05年のトヨタカップの時。(イスタンブールの時はまだファンではなかったのだ。残念‼︎)
でも当時の記憶としてはジェラードのボレーすげー、かっけーくらいなものだった。
本格的にリバプールが好きになったのは0708シーズンの終わりのこと。Jリーグのためにスカパーの契約をしてもらい、プレミアの一部の試合がみられるようになってからだ。
最初に見た試合はウィガン戦だった気がする。試合自体はよく覚えてないけれどとにかくスタジアムの雰囲気に圧倒された。伝統的で圧迫感のある形状、鳴り止まぬ声援。自分もこのクラブを応援する一員になりたい、そう思った。だからきっかけはアンフィールドへの憧れと言えるだろう。

そして今年は念願のアンフィールド巡礼を果たし(試合は引き分けだったが)、軽くプレミアの中継に映るという偉業をも果たした記念すべきシーズン。アンフィールドのテンションをそのまま引っさげて帰って来て皆さんにも迷惑をかけているかもしれませんが、最後は優勝で締めくくりたい。
そのために今日は叫んで来ます。

以上みんな真面目に書いているなか、完全に自己満な投稿で申し訳ありませんでした。

リバプールサポーターズクラブ東大支部
2年 GK 石川悠吾

0 件のコメント:

コメントを投稿