2014年5月2日金曜日

今年の俺はキテる


昨年の俺は、

リーグ戦18試合中17試合スタメンで出場。
合計1376分、時間にすると22時間56分出場。ほぼ丸一日だ。
しかし、結果は無得点。
シュートはたくさん打った。
惜しいシュートはたくさんあった。
ポストをたたいたこともあった。
本当に惜しかった。。


惜しい?
惜しいってなんだよ。
ポストをたたいたら惜しい?
ちがう。
キーパーがぎりぎりでセーブしたら惜しい?
ちがう。
ちがうだろ。
シュートに惜しいなんてない。
入らなきゃ何の意味もないんだよ。



昨年の結果を重く受け止め、迎えた今年の俺は、


2月19日 vs 早稲田大学
俺は左サイドで敵3人をぶち抜き、角田さんへとんでもなくエロいスルーパスで決勝点をアシストした。

3月27日 vs 慶応義塾大学
俺はマーカーを嘲笑うかのような動きでフリーになり、コーナーキックをダイレクト左足ボレーで豪快にネットを揺らした。

4月13日 vs 上智大学
俺は鮮やかな弧を描いた虹のような伝説のフリーキックを決めた。蹴った瞬間ゴールを確信した。七色の光が見えた。

今年はいける。決めてる。結果を出してる。なのに、、

朝鮮大学、大東文化大学という同じ東京都1部リーグの大学に練習試合で大敗。
アミノバイタル杯2回戦、就活でほとんど4年生のいない上智大学にPK戦の末敗退。

捻挫。肉離れ。怪我で満足にコンディションが整わない。


どうなってんだ。こんなのおかしい。こんなはずじゃない。
逃げ出したくなる。
辛い。

でも、勝ちたい。
辛いとか、苦しいとか、それ以上に勝ちたい。
かって喜びたい。
にこやかに笑いたい。
みんなで笑いたい。
そのみんなの笑顔が見たい。

こんな幸せな時間がこの世にはあるんだ。
そんな気持ちになれたらいいな。




3年 MF 中西大貴

0 件のコメント:

コメントを投稿