2014年5月4日日曜日


昨日も全然だめだった。



何度もキックミスをし、味方とうまく連携をとれないシーンもあり、ここ一番でチームを助けることができなかった。自分のせいで苦しい展開にしてしまった。戦犯と言っていいくらいだと思うのに試合が終わっても誰も指摘しない。どこかのインタビューで元日本代表の楢崎正剛が言っていた。

「いいキーパーはミスをしない」

いいキーパーは試合の流れを読んで的確にプレーを選択し、当然ミスもほとんどしない。一方、自分はミスでピンチを招いてばかりで試合をぶち壊してしまった。


思い返せば先週の試合もキックミスを繰り返した。失点に直結したのもある。


そこで自分に問いかける。



この一週間果たして何を練習してきたのか



先週の試合でキックがうまくいかなかったことは自覚していた。限られた時間の中でなんとかしようという意識はあったし、実行したつもりだ。しかし、結果は一週間前とさほど変わらない。キックなんてそんなにすぐ変わることじゃないことは分かっている。が、入部してからずっと同じ調子な気がする。


さらに問いかける。



自分はうまくなったのか



新入生が入ってきてそのプレーを見ていると、一年前の自分もきっとこんなんだったんだろうな、うまくなってんだな、と思うことがある。しかし、現実は違う。自分は東都の中でトップクラスにへたくそなキーパーであり、自分が求める水準も今の自分よりはるかに上にある。よくこれでリーグ戦に出たいなどと言えたものだと昔の自分が恥ずかしくなる。もっともっと練習してもっともっとうまくならないといけない。じゃあ具体的に自分が求める水準はどこにあるのだろうか。


最後に問う。



関東昇格する気はあるのか



あと3時間で今年のリーグ戦が、関東への挑戦が始まる。

二年 GK 加藤辰弥

0 件のコメント:

コメントを投稿