2014年5月9日金曜日

心に火を。

こんばんは、1年の岡崎です。トップバッターがゆるくてセカンドバッターがかためなので3番目はどうしようかなと悩んだんですけどイカにもな東大生って周りから言われるくらいなんで真面目に書こうと思います。

ア式蹴球部の一員として練習して早くも2週間が経ちました。練習で出来ないことが多くて苛立ちを感じながら過ごしている毎日です。簡単な足元へのパスが前にずれたり、判断が悪くてボールを奪われたり、体力がなくて守備時も攻撃時も切り替えも中途半端なプレーになったり…元々上手くはないですが、高校時代に出来たことが出来ないのにはフラストレーションが溜まります。今は周りの技術の高さに圧倒されている状態です。

ではサッカーが上手くないのになぜア式に入ったか?(アメフトに向いてるだろってよく言われます笑)
        もちろんサッカーが好きだからです。でも楽しむだけならサークルでもいいかもしれません。
ではなぜア式に入って真剣にサッカーをしたいのか?
         それは、高校時代に真剣にサッカーに取り組めなかったことを後悔してるからです。

1日2時間、週に3,4回の練習に満足して自分を追い込もうとせず、練習がだらけていてもそれを修正することもできず、結局、公式戦にほとんど勝つことができませんでした。引退するときに自分は何をやってきたんだろって情けなく思いました。

だからア式に入りました。
ア式に入った今、やることは決まってます。真剣に練習し、上のチームに入って試合に出るだけです。今は下手です、でも必ず上手くなって活躍します。そして関東昇格に貢献します。

今の気持ちを忘れずに心に火をつけたまま4年間全力を出し切ります。
       
実はイカ東かもしれない
1年   岡崎恭直







0 件のコメント:

コメントを投稿