2014年5月9日金曜日

ロードバイクのすすめ

 最近、本郷まで自転車で行こうかどうか迷っている新入生がいると言う話を聞いたような気がするので、井の頭線付近に住んでいるであろう新入生に、先輩としてアドバイスしたいと思います。
 ロードバイクをお勧めします。かくいう自分も今は部室から三鷹台にある自分の家までロードバイクで帰っているのですが、中々いいものです。利点がいくつかあります。まず、電車代を節約できます。自分はロードバイクを6万円くらいで買ったのですが、駒場から本郷まで電車で往復620円くらいなので、100日こぎ続ければもとは取れるわけです。では、もっと安い自転車でもいいのではと思うかもしれませんが、オレは嫌です。しんどいからです。駒場と本郷の間を移動するのにロードバイクを使わないで、どこでロードバイクを使うのかという話ですよ。実際出戸くんとかは普通の自転車で移動してますけれど、そもそも出戸くんがロードバイクを買うと言ったのがきっかけでロードバイクを買ったのに、出戸くんが結局買わなかったのは不思議です。とにかく、駒場ー本郷間は遠いし、えげつない坂道もたくさんあるので、おれはロードバイクの方がいいんじゃないかと思いますよ。ちなみに、井の頭線沿いの井の頭通りは坂もあまりなくてかなりこぎやすいので、もはや井の頭線もいりません。かくいう自分は、三鷹台駅付近の駐輪場にとめておいたもう一つの自転車を盗まれたことがきっかけで井の頭線を使わなくなったのですが、中々いいものです。盗まれる数日前に定期3か月分7000円を無駄に払ってしまったのが残念なくらいです。でも新たに自転車を買うよりは安いし、元々盗まれても未練はないほど使い勝手が悪いものだったので、気にしません。やはり値段と性能は比例するものなのです。
 しかし、ロードバイクとていいことづくめでもありません。ロードバイクも、向かい風には弱いです。今日なんか風が強くて、行きが向かい風でしんどくて、こぎながら歌も歌えなくて、それで4限の授業に20分遅刻して、出席カードを取り損ねてしまいました。もっと早く家を出ておけばよかった。まあそれはどうでもいいのですが、とにかく向かい風の日は自転車をこぐのを後悔するときがありますよね。普通の自転車をこいでいたころなんか、嫌になって飯田橋駅で電車に乗り換えたこともありました。それくらい過酷ですよね。でも、追い風の日は逆に風が背中を押してくれて、そういう時は自然に感謝します。「追い風サイコー」と叫びながら全力疾走です。全力で走ってもほとんど疲れないからです。でも、今日は帰りも向かい風でした。そういう日も珍しくありません。道路の反対側を涼しい顔で駆け抜ける眼鏡の人がいたので、かなり悪態をつきました。
 風のほかにも、信号が立ちはだかります。ほかのロードバイカーに出会ったときはたまに競争になります。2~3回に1回ほど負けます。たいていはヘルメット被って眼鏡をかけた男です。そういうときは潔くあきらめましょう。あと、ここのところずっと肛門付近の筋肉が痛くて、生活に色々と支障がでています。思い当たることを強いてあげるならば、多分ロードバイクです。それでもオレは気にしません。以上、自転車で行こうか迷っている新入生の参考になれたらと思います。ひょっとしたら、ロードバイクがア式にいい影響をあたえるかもしれません。

2年 加藤裕樹

 

0 件のコメント:

コメントを投稿