2014年6月14日土曜日

ラストチャンス

はじめまして。一年生の武田康平です。武田康平のfeelings、今回は初回ということで、特別に、率直に今の気持ちを綴ります。

僕は幼稚園の頃からサッカーを続けていますが、これまでサッカーに本当に真剣であったかというと、そうでもなかったように思います。サッカーの練習を、遊戯王のデュエルの場として使っていた幼稚園時代。僕がブルーアイズホワイトドラゴンを盗まれたのはこの時です。チームは強かったものの、ミスを恐れ、消極的なプレーでごまかし、心の何処かで練習の中止を望んでいた小学生時代。クラブチームに入ったものの、全身全霊で練習の中止を望んでいた中学生時代。顧問の先生がスーパー美人で、コーチとも仲が良く、自分がチームの中心であったにも関わらず、受験という言い訳をしてサッカーに打ち込めなかった高校生時代。

そして今。

東京大学にどさくさに紛れて合格し、ア式への入部を決めた。こんな素晴らしい環境で、こんな素晴らしい仲間と、本気でサッカーできるのは最後だ。もう遊戯王は高3で辞めてるし、練習の中止も望んでない。女性スタッフを見つめるのも我慢する。

出来ることは全てやる。



二宮くんのおかげで、弱くても勝てる気がしてきた
1年  武田康平

0 件のコメント:

コメントを投稿