2014年6月27日金曜日

コミュニケーション

最近の練習では、声を出すようよく言われています。
サッカー中の声には3種類あるとおもいます。
一つ目は盛り上げる声で、ナイシューとか。合コンで言えばうえいうえいです。この声で勢いややる気を増したり。意識の統一ができるようになります。
二つ目は戦術的、事務的な声で、右切れとか。合コンで言えば醤油とってです。この声によって組織的な動きができて、ミスも減ります。
三つ目は二つ目とかぶるところがありますが、意図を伝える声で、裏走ってとか。この声を仲間同士出し合うことで、何をするのか方向性を統一できたり、新しい考えがうまれたり、逆に自分の考えのつたなさや間違いに気づけます。
どの声も不可欠だと思います。
練習、試合だけでなく、普段から声を出すよう心掛けます。

1年 寺内大貴

0 件のコメント:

コメントを投稿