2014年6月20日金曜日

tips

僕の出身地岡山、その岡山をホームに構えるファジアーノ。

ファジアーノが結成されたのが2003年のこと。小学校6年生の時だった。
サッカーを始めたのは小学校低学年だったが、当時はJリーグに加盟するような
強いチームもなく、高いレベルの試合を間近で見ることもなかったし、
地元にJリーグクラブが発足するなんて考えにも浮かばなかった。

2008年、ファジアーノは着実に実力をつけJFLに昇格。
夢のJ2加盟が現実的となってきたが実際には、サッカーをしている人はまだしも、
普段サッカーに触れたことがない人にとってはファジアーノの存在自体が広まっていない
イメージだったように思う。

しかし、J2昇格の夢はたった一年で成し遂げられる。
勝ち方を覚えたチームは強い。
自分達のやりたいプレーを徹底し、勝利を積み重ねていざJ2の舞台へ。

創設からJリーグ昇格までの道のりを間近で見てきただけに、
ファジアーノへの愛着も強い。

サッカークラブを通じて地域を盛り上げる。
ファジアーノのポリシーは素晴らしいと思う。

ただ、プロのチームとして常に求められるのは結果だ。
喜びも生まれれば悲しみも生まれる運命にある。

しかし、ただひたすらに勝利を求めることだけがクラブの第一義となるかというと
そうでもないと、個人的には思う。

地域に密着して、皆から愛されるチーム。
自分達の軸となる哲学を持つチーム。

本当にそのクラブが強くなるには、様々な視点を取り込みながら動いていかないといけない。

ア式も例外ではない。
皆から愛されるチーム、関東昇格にふさわしいチームとなるには、目の前の試合に勝つこと
意外の重要な要素にも目を留めなければならない。



ナッツ入りのきび団子をこよなく愛します
4年 出射大雅

0 件のコメント:

コメントを投稿