2014年6月13日金曜日

Where am I from?

「出身地はどこ?」

初対面の人と話すキッカケにしやすいためか、新歓やクラスの自己紹介の際には必ずと言っていいほど聞かれた質問である。しかし、自分はこの質問をされると困ってしまう。なぜなら、転勤族であったため、これまでのわずか18年間の人生で長野→名古屋→群馬→横浜と4つの場所に住んでいた(いる)上に、中高は東京の学校に通っていたからだ。

生まれたのは長野県。だが、2歳の時に名古屋に引っ越したため、長野に住んでいた頃の記憶は全くない。

次の名古屋には小学校1年の冬まで住んでいた。幼稚園の年長でサッカーを始めたことや、小学校まで片道20分以上かけて歩いたことなど、多少記憶には残っているが、出身地と言われるとちょっと違う感じがする。

小学校卒業までを過ごしたのは群馬県。前橋ジュニアでのサッカーは、とても強く印象に残っているだけでなく、自分の人生に大きな影響を与えてくれた。そのため、群馬という場所に対しては一番愛着がある。

そして、小学校卒業後は横浜に引っ越し、今も横浜に住んでいる。だが、中高6年間は暁星(東京)に通っていて、横浜に群馬ほどの愛着は感じない。また、暁星には愛着があるが、東京に愛着があるわけではない。

このように、説明するととても長くなるし、かと言ってどこか1つに絞るのも難しく、いつも回答に困っている。

しかし、それぞれの場所に思い入れがあるし、何よりこれまで住んできたすべての場所が、自分のアイデンティティを形成していると思う。だから、「出身地はどこ?」の質問の答えは1つには絞れない。

ちなみに好きなチームは鹿島アントラーズ
1年 竹澤隆太

0 件のコメント:

コメントを投稿