2014年7月25日金曜日

たたかう理由

なんてもんは人それぞれ

このチームにやる気のないやつなんてひとりもいねえ

大切な人に恩返したいから
うまくなりたいから
勝ちたいから
サッカーが好きだから

みんなそれぞれの理由がある

他人に勝ちたい気持ちを強制させるなんて不可能だ


それならそれぞれが自分の基準で戦えばいいのか

いやそんなことはない



自分の基準を他人にも要求するべきだ

自分のサッカーに対する気持ち、情熱

普段は言いにくいこと、言いたくないことを、ピッチでは言うべきだ、他人に伝えるべきだ

後輩が先輩に、選手がコーチに、遠慮なく言うべきだ

自分なりの方法でいい

そうして少しずつ赤の他人に、赤の他人の無根拠な情熱が、基準が、伝わっていく

その情熱、基準に、なにも感じないやつは、………






・それにしてもワールドカップは凄かった。同じサッカーという競技とは思えない。
みじめになるくらいうまい。世界の壁はぶあちくて、たけえ。
サッカーをやってる限り、あんなサッカーがしたいと思う。

・今シーズンからレアルを応援することにした。ミーハーだが気にしねえ。
好きな選手はベイルとモドリッチ。はえー選手が好きだ。快速といえばやまけ…

・旅が好きだ。そんなにしたことないけど。時間が出来たら、長い旅がしたい。
その旅の途中で、宮崎あおい似の女の子と出会い、満天の星を見ながら一緒に寝っころがるのが、今の夢である。

・その前に片づける仕事がある。備品係のことではない。後期に1ポイントでも多くの勝ち点を積み上げることである。勝つのはとても難しいことだが、勝てなくはねえ。要は、勝てるか勝てないかの問題ではなく、勝てばいいのである。相手を叩き潰せばいい。圧倒的偏見を武器にして。




素早いfeelingsの投稿、まさに後輩の鏡。   3年 坂本晋悟
   

0 件のコメント:

コメントを投稿